お金 コラム 自己啓発 雑記

100万円を貯金できない人はどうしたらよいのか?※儲ける方法付き

投稿日:2017年12月8日 更新日:

こんにちは、そーさんです。

以前こんなエントリーがありました。

「30過ぎて100万も貯金が無い奴は信用できない」

https://anond.hatelabo.jp/20170722145946

 

かなり口は悪いですが(人のこと言えない)正論だと思います。

しかしながらこのエントリーに対して貯金100万以下の方の反発があまりにも強かったので、「これは当然」と思い込んでいた自分を律し、改めて考察しました。

ついでに今考えうる儲かる方法も載せてみました。

 

◆100万円を貯めるのって簡単なの?

特別な理由がない限り、そこまで難易度の高いことではありません。

が、何かに理由をつけて貯まらないと言っている人はやっぱり自己管理が甘いのでしょう。

いくらの収入がある、という情報はどんな人でも理解していると思います。しかしながら100万円を貯めることが出来ない人は出ていくお金の事になると途端にずさんになります。

 

自分が何を買ったのか後から追えるようにしていますか?

それから、いくら使っていいかという限度額はありますか?

固定費はいくらなの?

 

一瞬で答える事は出来ないでしょう。

「気付いたらなくなってた」という事をよく言いますが、そんなわけありません。

「お金は使ったときにはじめてなくなるんです」

 

◆固定費が重要なのに出費にばかり目を取られている

自分を律する事がないか、計算が絶望的に出来ないか、危機的状況に立たされているか。

100万を貯められない人はお金を増やすため(減らさないため)の算段を取りません。

「してるわ!遠くのスーパーで1円でも安い肉を買うようにしてるわ!」という人でも固定費の削減に努めていなかったりと節約の仕方も独特で非効率的です。

 

通信費・高熱費の固定費を抑えて、それから消費を抑えるという方法が王道だと思うのですが、出費にばかり気を取られ時間まで取られてしまいます。

乱暴な例ですが「3km先のスーパーに毎日通って出費を減らそう!」なんて「10~100円を減らす」対策をするぐらいならバイト一時間をこなした方が効率が良いわけです。

自動車で行っているのを減らして、時間がかかってでも安いものを手にしたいと思っても逆に損している訳です。

 

生きるために何が必要か?という部分が考えから抜け落ちていたら全く貯金が捗らないでしょう。

 

◆消えていくお金、増えていくお金

金持ちと貧乏人の境はどこかと言えば、投資しているかどうかにかかってくるかと思います。

自分への投資。
事業への投資。
株式、FX、仮想通貨。

投資の対象はまぁ各々選べばよいかと思いますが、金持ちは投資を上手く活用します。

一方で貧乏人は消費の事で頭がいっぱいです。

「ああ、給料が入ったら何を買おうかな?」

「今月の○○費が高かったな、どうしよう」

「稼いでも稼いでも目減りしていくなぁ……」

生活をお金に支配されています。

 

私は「30代を過ぎて100万が貯まっていない人」の発想としては至極当然に思えます。

人が良いのか知りませんが、必死に働き過ぎてお金を貯める術を学んで来なかったからここまでの窮地に陥っているのです。(窮地とも思ってなさそうだけど)

まぁ気付かないのも幸せなのかもしれませんが……。

 

◆投資をしよう!でも何に?

何パーセントで運用し、種銭をせっせと増やすことを若いうちから行っています。

30代というのは別に投資を始めるのに遅い時期じゃありません。20代ならなおさらです。

年齢がもっと上にいき、判断力と自由がなくなってから始めようとしてもパッと始められるものではありません。
死んでもお金はあの世に持っていけませんからね、若いうちに着手したいものです。

しかし、はたりと手が停まります。

「何に投資すればいいんだ?そして危なくないか?」

 

世の中には株式とかFXとかありますが、少し疎い人は危ないイメージしか持っていません。「きっと騙されちゃう!」

そう思っているかもしれません。

厳しいことを言うようですが私はそう思い続けている人は愚かだと思うのです。

まず投資とは何もお金を運用するだけが投資ではありません。

 

●本だ!自己投資だ!

本を読むというのは「他人に第二の脳」を借りる事を意味します。

学歴社会を経験されていれば分かりますが、知識は年収に直結します。

理由は簡単で「バカは稼げない」という事を暗に示しているのです。

 

「読書をしなければならない理由」が分からない人に教えるぜ!

●仮想通貨だ!

仮想通貨を投資先としておススメする理由は一つ。

注目されているのに、持っている人が少ないからです。

そして仮想通貨界隈は通貨価格がうなぎ上りな世界。貧乏人でも稼げるチャンスがある事です。

まぁバブリーとは言っても投資なんで自己責任でやるのは当たり前なんですが、それでも今仮想通貨はまだまだ浸透しきっていない部分があります。

 

つまり今が始め時!

 

ここを逃せばまた、株やFXのように機関投資家が管理するような環境になってしまうでしょう。

色々ありますが中でもzaifは絶対に登録しましょう。

取引所であるため(仮想通貨のオークションみたいなもの)手数料が段違いに安い。

安く買えるに越したことはありません。

『仮想通貨取引ならZaif』

 

◆仮想通貨を買う心構え

もう一度言いますよ。

仮想通貨はまだ誰にも支配されていない不安定な時期です。

そして早く始めた分だけ儲かる可能性も高いです。

正直稼げます。

 

後から参入してきた人たちによって仮想通貨の値段が吊り上がるからです。

信用できないなら、ご自分の目で確認してみると良いでしょう。

 

毎年のように経済評論家が「仮想通貨はバブル」と言いますが、鵜呑みにしてはいけません。

経済評論家の適当な話に狼狽してビットコインを売ってしまい、130万(執筆時点)となった今後悔している人を知っています。(それでも損はしてません)

必ず自分で判断して、自分で取引するのです。

登録から実際の取引には数日~一週間のラグがあります。

無料の登録だけでも先に済ませておけば、機会損失は避けられますよ。

 

◆まとめ

金は天下の回りもの、それでも貧乏人は金の支出を軽視している。

まずは貧乏人はその穴の開いたバケツの穴をふさげ。

大丈夫、100万の貯金は必ず出来る。

それから軍資金を用いて勝負だ、10万でもいい。

 

ギャンブルには手を出すなよ?

 

投資だ。

価値あるものへの投資だ。

投資に乗らなきゃ貧乏人は勝てない。

リスクに乗じてのし上がらなきゃ勝てない。

小さすぎる稼ぎで安心するのも違うし、大きすぎる稼ぎを狙いすぎて自滅する人にもなってはいけない。

もちろんそのために知識を得る事も必要だし、何が正しいか判断する材料をインプットしておくことも重要。

結局は自分の判断力と自己責任に委ねられるが、そのリスクを払う価値のある環境だ。

 

そう、仮想通貨ならね。

 

-お金, コラム, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly