コラム 人間関係 思考 雑記

【万人が自己中】利己主義(エゴイズム)の日常化

投稿日:

コメントを頂きましたので、追記致しました。

 

私は人間の大半はエゴイストだと思っています。持っている者を妬み、金品や地位を奪います。いや有形無形は問題ではありません。いずれにおいても、精神的な部分でも優位に立とうとします。

共通して言えることは、エゴイストはほぼ全員怯えています。他人を蹴落としてでも自分だけは安全でありたいと心のそこで思っているからですね。

あなたはどうでしょうね?

 

◆エゴイストが生まれるまで

人間は生まれながらエゴイストという訳ではありません。
赤ちゃんの時点でエゴイストとは呼びませんね。ちゃんと意志を思ってエゴ活動(?)をしてこそエゴイストというものです。

では成長過程においてどこかでエゴイズムが植え付けられるわけですが、どこで学ぶのでしょうか?

ずばり学校や会社、早ければ幼稚園などからエゴイストは排出されます。どこかのコミュニティに所属することによってエゴイズムは進化していくのです。

 

子どもであれば我が強い子、といって叱ったりして補正していくものですが、怒られなかった人間というのはどうにも曲がっていくものです。

大人になったときにふと周りを見渡してこう思うのです。

「自分さえ良ければいい」

そんな単純な理由で始まります。

当たり前な事を申し上げますと、他人の不幸を無くすことより、自分の幸福を満たす方が価値があるのです。

 

◆「欲を満たそうとすることは浅ましい」という教え

宗教などでは「禁欲主義」、ストイシズムとでも申しましょうか。
己を律する事で人生の価値を高めようと試みる一派もおりました。その考えと対をなす、エゴイズムは「浅ましい、みっともない、野蛮」などと揶揄されていました。

しかし、己を律しているわけですから、当然律している本人の中にもエゴは存在するはずです。
元来、利己主義であるのにもかかわらず、利己主義者を窘めるのはどうにも私は腑に落ちませんでした。

熱心な無宗教家からこんなことを言われるのは釈然としないでしょうけど、なんというか、二枚舌、ダブルスタンダードのように思え、宗教というものを都合の良い教えだと考えております。

 

自分と相手は違う、禁欲しないやつは野蛮だ。というエゴの押し付けを行っているようにしか見えなかったのです。

以上の結果により、押し付ける側も、押し付けられる側もエゴイストだと思うのです。

 

◆今日の日本に蔓延る最低のエゴイスト達

今日の日本の津々浦々のエゴイスト達はどんな調子でしょうか。
ヤンキーでしょうか?
それとも悪徳のビジネスマンでしょうか?

私はインターネットに蔓延る思想そのものだと思っています。

今はインターネットのどこを見渡しても暴言が飛び交っているのが散見できます。

お前は間違っている。
そんな考え、常識じゃない。
俺が正しい、従わないのはバカじゃないのか?

とてもお上品とは呼べない言葉が闊歩しております。

 

私はその喧騒を面白おかしく感じる一方、何が正しくて何が間違っているかなんてどうでもよくなっている自分がいることに気付きました。

私は喧嘩の結果がどうなろうと知ったことではなく、ただその喧嘩が面白いものであればよい、と考えていました。

「面白い」という利を追求し、当事者にならないことで「損」を防ぎます。これが現在の最も浅ましいエゴイスト像です。

今日のエゴイストはこうした「傍観者」を決め込んでいる人と、「野次」を飛ばす人。

彼らこそが自分の欲を満たしながら、自分は被害者にならない、最低のエゴイスト達です。

エゴイストとしては完璧です。

 

◆まとめ

全ての人はエゴイスト。
禁欲主義もエゴイスト。
エゴイストに対する批難はエゴイストによる批難。

今日日本には最低のエゴイスト達が何千、何万人といます。
自分は禁欲主義者だと謳っているミニマリスト達の過激な発言もまた喧騒を呼びます。

そもそも生き方と思想は似て非なるものです。

ミニマリズム(そう呼ぶのかは知らない)は生き方であって。
エゴイズムは思想です。

都会で働くのは無駄だとか、それもエゴです。
自己の正当化(というエゴ)です。

だからと言ってその発言を批難するわけじゃありません。
その発言を真っ向から否定もただ鵜呑みにするわけでもありません。

 

話がそれた気もしないでもないけど、

「全員がエゴイストだと分かっていればそれ相応の立ち回りが出来るんじゃないか?」

という問題提起でした。

-コラム, 人間関係, 思考, 雑記


  1. sawsanfurui より:

    >あんず様より、コメントを頂きましたので掲載と返信をば。まずは掲載を。

    初めまして、あんずと申します!
    ブログ、【万人が自己中】利己主義(エゴイズム)の日常化
    なるほど!と興味津々で拝見しました。
    そして、私は自分が誰よりも大事なので、自分の欲のためにそーさんに勝手に自分の意見を述べたいと思います(笑)

    万人が自己中。本当にその通りだと思います。”ジコチュー”という言葉の流行中、私は小中学生だったため、自己中心的な人はいけない人だ、自分以外を大切にしなければいけないと学校という社会で学びました。
    今まで、他人の為に何かすることがいいことなのだと、私の頭は理解しました。

    でも何だか、ずっと腑に落ちませんでした。
    そして最近理解したことは、まさしくそーさんがいう、”万人が自己中なのではないか”という考え方です。
    これは、自分の欲を抑えようとする理性があり、現在生きている人間に共通するものだと考えます。
    突き詰めると、人は自分が満足できればそれでいいという思いは絶対にあると思っています。その程度が違うだけで。
    みんな、どうにかして、自分を正当化したい、自分の人生が正しいと思いたい、自分が”生きていてもいい存在”だと思いたい。
    その方法や程度が違うだけだと思います。
    そう考えると、ボランティアも、宗教信仰も、勉強も、働くことも、人を殺すことも、戦争をすることも、映画を見ることも、こうやって私がそーさんにつらつらと言葉を送ることも(笑)、結局は自分のため。
    大きく言えば、私はあなたのためには死ねないし、他人にいいことをしてるひとも、今日も死んでいくどこかの国の人のために物資を届けることはしない。今日も悩む日本のどこかの人のために自分の人生を捧げたりしない。

    “人に迷惑をかけないように生きなければいけません。”
    “命を大切にしましょう。”
    “相手が嫌がることはしてはいけません。”
    そう教わったはずなのに、ここに生きているほぼ全員が間接的にでもこのルールを破っていると思っています。
    自分の都合の悪いことには眼を瞑る。
    だって自分が生きていたいから。
    そう考えると人生全部自慰行為なのでは?と。(笑)

    こう考えると自殺が悪いことだとするのにも納得がいきます。
    よくないことにしないと、自分達が生きていてもいい理由がなくなってしまうからです。
    私は自殺を推奨しているわけでは全くありません。ですが、生きている私たちが自殺しようとしている人をとめたり、自殺がよくないと語ったり、迷惑だと言ったり、それは的外れな議論ではないかと思うのです。亡くなった方、自ら死を選んだ方の話をして聞かずして、その死を分かったように語ってはいけないと思います。

    私はこんな自分に気づいた時衝撃で、受け入れるのにとても時間がかかりました、というか正直今でも認めたくない自分がいます。(笑)
    ですがこの自分を認めて生にしがみついて生きていくのだと思っています。

    以上です、これは勝手な私の意見です!最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

    • sawsanfurui より:

      >あんず様

      コメントありがとうございます。
      解答になるか分かりませんが、私もあんず様に返信をさせて頂きます。

      自分と相手(及び社会)は明確に線引されているのにも関わらず、
      一共同体であろうとするようなダブルスタンダードというのはいかがなものだろうか?という考えが私の根底にあります。
      エゴイズムもその内の一柱ですね。

      「他人を尊重もしながら、個性を生かせ」何ていうのは突き詰めていくとムシの良い話で、実現不能なケースも多分に出てきます。
      「そんなエゴイズムばっか押し付けてないで、エゴイズムそのものを尊重するのも手としてはあるよね?」と思ってたりもします。
      もっと私の理想を噛み砕いて言うと、「他人の自慰行為へも寛容になる」という感じでしょうかね。

      さて、しかしながら他人のエゴイズムの極地まで行ってしまうのも困りものです。
      殺人・強盗・その他重犯罪のあれこれ……
      それらを許容することは人間として許されざる行為です。
      もちろん私もこんなものまで推奨しようとは思えません。当たり前ですよね。
      私もあんず様同様、平和を愛する人間です。

      あらゆる「人間として許されざる行為」の裏側には人間の欲が存在します。
      人間の欲とは、生きるために当然ある程度は持っていなければならないものです。
      欲が生きるために必要なのに、それが嫌でも世の中の重犯罪に繋がってしまうのだから、人の世には殺人や戦争がつきものなのです。

      自分が餓死するよりも、人を殺してでも生きたいと願う欲が人を殺めさせられるんです。
      人よりも楽して生きようとする心が強盗を行わせるのです。
      罪を清算したくないという気持ちがひき逃げ犯を産むのです。

      その全てのエゴイズムは生きようとしての行動です。
      つまりはエゴイストは消しようが無いのであって、
      消えた時は「人が人で無くなる時」でしょうね。

      私もあんず様もエゴイストです。
      ですが、認めてしまっても恥ずべきことはありません。
      生き物である以上、エゴイズムによって自分の環境をより良くしようとするのも不自然じゃありません。
      それよりも変に取り繕って、「誰かのために生きよう」とか心のどこかで引っかかりながら生きるほうが私はキツイです。
      「人間正直が一番」であるならば、こちらのエゴイズムも容認して貰いたいものですね。

      この記事があんず様の考えの手助けになれば何よりです。
      ありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly