コラム 思考 自己啓発 雑記

これが無いと生きていけない!という幻想

投稿日:2017年8月21日 更新日:

人間の執着というのは恐ろしいものです。

仕事について幾度も語っていますが、

「仕事で苦しんでいても転職ってあんまりパッと決めないよね」的な話をしました。

それは「仕事を失うことが怖かったり」「めんどくさい」が原因だよね、なんてことを言いました。

 

仕事以外の方向で考えると、恋人や家族、お金、物。

こうした「大切なもの」を抱えて身を削っている人が多いです。

「捨てられるなら捨ててるわ!」とキレられた事があります。

怒らないで。大丈夫だから。

 

人間は一度手に入れたものを手放す事は難しいです。

生活水準を下げる事と同義なのでしょうか。

一度手に入れた「大切な何か」は幻想だったとしても。

 

人が生きるために必要なものってなんでしょう?

水?食料?お金?人脈?

生きるだけだったら水と食料さえあればいいはずですね。

でも人間ってそうじゃないだろう?

のび太だってわかってる。

 

「昼寝だって必要だし、おやつだって必要だ」

人間はそういう生き物だ。

娯楽ありきの人生でなければ、精神がもたないようになっている。

だから楽しいことは大好きですよね。

楽しいことをするために現代ではお金が必要です。

私はお金も好きです。

ですが、それを何に使うか?と言われた時には少し考え込んでしまうのです。

 

「あれもいいな、これもいいな」

生きるために必要であるにも関わらず「これ!」というものが無いのです。

だからお金を目標に頑張るとろくなことがない。

言ったものの……「世の中お金がすべてじゃない」

という言葉がありますが、これは持たざる者のひがみです。

「お金があればほとんどの問題は解決できる」ことは知っているはずです。

 

解決できる物事の割合は9割超です。

資本主義経済ではマネーisパワーなのです。

 

でも、パワーを持っても何に使えばいいかなんてわからない。

「宝くじが当たったら何する?」なんてよくある妄想話でも

貯金してだらだら暮らすだの、パッとしない答えが返ってくる。

「お金が力なのは事実だけど、本当にあなたの人生にお金っているの?」

と問いたいぐらいにはパッとしない。

 

 

坂本龍馬は言いました。

「金が無くて事が成るか!」

お金が無くて事業が起こせるか!とキレた言葉です。

キレるぐらいやりたいこと、あなたにはありますか?

ないのではないでしょうか?

 

あったとしても具体的でなかったり、

家や車が~なんていうのは事業じゃないです。

お金があったらこの世の一部を変えることが出来ます。

それをどう使いますか?

答えられますか?

 

「じゃあお前はどうなんだ?」

言われそうなのでお答えしておきましょう。

「生きるのにそんなに金が必要か?それよりも私は文章を書いたりしているほうがよっぽど充足感を得られる。確かに生きるためにお金は必要だけど、生きるだけだったらそんなに量はいらない。欲しいのはお金と時間のバランスだ」

と答えます。

今は時間にゆとりがある仕事についていますので、楽しく生活が出来ています。

もう毎日のように仕事の愚痴を仲間同士で言い合う生活は嫌です。

もし無一文で生活することになってもなんとかなると思っています

というかなんとかなります。

なってました。えへ。

 

お金をモチベーションにすることを悪だとは思いませんが

お金をモチベーションにすることを悪だとは思いません。

むしろ、資本主義経済のあるべき姿です。

ですが本音はお金はそこそこでいいから、残業の少ない楽な職場がいい。

なんて思っている人がわんさか居るんです。

 

でも残業が少なくて楽な仕事がやりたい人たちは今の仕事を手放しません。

それってどうなのさ?

手に持ったものを守る選択しか取れなくなっているだけではないでしょうか?

「仕事を辞めたら安定しないだろ!」

「生活がかかっている!」

まぁ言い分は何でもよいです。

やめられない理由があるのに辞める必要はありません。

 

本当にやめられない理由なら、ね。

 

本当に今の生活に満足いっているなら全くもって意味が無い記事です。

でもここまで読み進めたという事は少しぐらい不満があるんじゃないですかね?

 

これがないと生きていけないものなんて何もない。

ゼロからだって生きられる国ですよ、日本は。

手に持ったものを捨てる選択。

私はこのカードを切ったおかげで生き残れました。

あなたはどうしますか?

-コラム, 思考, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly