コラム 人間関係 自己啓発 雑記

【言わなくても分かるだろ病】人を褒められない人へ

投稿日:

人、褒めてますか?私は褒めております。

人は褒めてくれる人間を居心地よく感じます、信頼を安く積極的に褒めましょう。

 

人を褒めよう-ピグマリオン効果-

「そりゃまあ、居心地よく感じるでしょうけど、「褒めときゃいい」なんて無茶だ。
だって世の中「褒められたもんじゃない人」が溢れかえってる。
そんな連中を無理やり褒めて何になる?

上司にでもごますっておくか、部下をけなした方がマシだ。
どうせ俺も裏ではいろいろ言われてる。」

なんて思ってませんか?

 

私、そーさんは「とりあえず褒めましょう」という風潮が心底嫌いです。
自分の認めた人間しか褒めたくないです。
たとえ上司でもごまをすりません。(だから成功しないんだ)

「中途半端な人を褒める気にはならないのです」そうでしょう?
わかりますよ、ええ。

でもそれじゃ困るわけですよ。
社会で生きるためには「褒める」ほど低コストで高効率なアクションはないんです。
「ピグマリオン効果」と言いまして、期待されていると感じるとその分伸びやすくなるんですよ。

わかりますかね、こいつを利用しない手は無いんですよ。

あなたは仕事が出来なくて困っている部下を抱えていたら、「分かんない事あったら聞けよ、期待してるぞ!」と背中を押してやればいいんですよ。

たったこれだけです。
期待していること伝えるだけで、やり方を考えてきてくれるんですよ。
こんなにコスパ良いことあります?

つまりね。
褒めるんじゃなくて、うまく人を扱う思えば褒められるわけです。

あなたは部下の信用を勝ち取り、部下は効率を上げて、上司には示しがつく。
なんと素晴らしい上昇スパイラルか!

いきなり褒めるとうさんくさいから、大きな仕事の一区切りとかにボソッというだけで効果的だぞ。そーさんのオススメね。

 

だから考えを改めて「上手く人を使うために褒めている」という考えに変えました。
ダメな人でも無理やり良い部分を見つけて、承認欲求を満たしてやるようにしています。
結果は上方に傾いてるかなーっと実感できるぐらいです。

 

うん、素晴らしい。あなたも実践しよう!

 

と言っても動かないのが人間です。
本題に参りましょう。

 

言わなくても分かるだろ病

人を褒めた方が状況が良くなる可能性が高いのは分かりました。
では「それでも相手を褒めたくない人」に続けて読んで欲しい内容を書き散らしておきます。

「言わなくても分かるだろ病」

ネーミングセンスはおいといてください。
言わなくても分かるだろ?

人が褒められない人が陥っているのがこれ。
それは前教えた!会社は勉強しに来るところじゃない!などと新人を社会のバイアスにかけながら圧殺する病です。

もちろん会社は勉強しに来るところではありません。成果を企業に収め、その分の報酬を頂くところです。
それが出来ていないとプロフェッショナル根性の患者はイライラが止まりません。

ポイントは「私がやっているのに、他の人がやっていないのはおかしい」という点です。
他人への強要まででこの病はワンセットなのです。

自分は分かっている。
他の人は分かっていない。
自分は正しい。
他の人は正しくない。

自己正当のバイアスがかかっていて、少しでもその道を外れると「他人を下に見ます」
一度他人を下に見ると、その人にかかった「ダメな人」という考えを払拭することがより困難になっていきます。
だんだんバイアスの難易度が上がっていくのです。

そのくせ、自分の事は「私は○○は出来ないから」と「出来ない事を正当化します」。
他人に求める基準が自分の能力の最高ラインであり、それ以下をダメ人間とみなすのです。

 

この極端に穿った判断基準は「自分より悪いから自分の方が上」というシンプルな承認欲求が満たされることから幅広く流布しています。

自分に自信が無く、他に誇れるところもない人間が「上である」と述べるためだけに、誰かを犠牲に満たされるわけです。

こうした人間は鬱屈した感情を発散出来ずに世の中に吠えているのです。
「誰が上」で「誰が下」か。
はっきりさせないと怖くて社会も渡れない。
非常に臆病な人間とも言えます。

 

もう”言わなくても分かる”でしょう?

これは我々の事です。

 

まとめ

人は褒めたほうが求心できるし、成長できるし良いことづくめだよ!

でも、大半の人はうまく出来てないよ!

それは「言わなくても分かるだろ?」という「察せよ」の精神があるからだよ!

 

結論、「いいから褒めるんだよ」。

-コラム, 人間関係, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly