コラム 自己啓発

意志の弱い人が意志を貫く方法

投稿日:

人は意志が弱い生き物って散々言った記事

↓↓↓↓↓

人に何か求めることと期待することをやめた話

「人を変えるためにはその人自身で変わるしかない」というパラドックスめいた記事をかいた。
残念ながらその通りだと思っている。

意志の弱い人間は外部のテコがあっても弱いものだ。もう一つの特徴として「決意」したがるのだ。

「決意」とは

意志をはっきりさだめること。はっきりさだめた意志。決心。

意志をはっきりと定めることとある。
これは事前に「意志がはっきりと定まっていなかった」ことともとれる。
言い換えてもう一度。
決意とは「意志がはっきり定まってなかったけど、定めたよ。」ということである。

もうお分かりだろうか?
意志の弱い人間が「決意」をしたがる理由は「意志を定める事が苦手」だから決意しないと物事を決められないためだ。
人間とはパラドックスを背負った生き物だ。(遠い目)

 

意志の弱い人にどうやって意志を貫かせるか?

「決意」をするな、これに尽きる。

人は決意すれば成功者の高みに辿り着けるような気がする、自分の成約として決意しておけば成功までの道しるべが出来たような気がするのだ。
だけどたいていの場合その道しるべは役に立たない。自分の能力と現実とのギャップに苦しむのだ。どこで間違ったのか?あの時こうしていれば成功したかもしれない。と苦しみぬくのだ。

 

ちょっと待ってほしい。
そもそも決意しなければこんなことにならない。
だってさ、「自分の能力」と「現実とのギャップ」が生まれるのって決意した時じゃん。
なんだって「自分の能力」と「現実とのギャップ」を発生させてから物事に取り組むのか?
こんなことモチベーションが下がるに決まっているじゃないか。モチベーションが下がれば当然実現性はガクンと落ちる。その人が実現しようとしている意志が下がれば、実現はしなくなる。

 

「決意」を単なる目標設定と考えてはいけない。
これは自分に課する呪いだ。
めんどくさいよりはマシだけど。
↓↓↓↓↓

【めんどくさい論】私(そーさん)は人の悩みを聞くのが好きだ

 

「決意をやめるんだ、そんなものより行動が先だ」

-コラム, 自己啓発


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly