コラム 問題解決法 幸せ 思考 雑記

「自分に自信がない人」はそれこそ傲慢だ!自己陶酔しろ!?

投稿日:2017年10月18日 更新日:

 

「タイトルに疑問文ついちゃったよ、大丈夫かよ!?」

ご安心ください。

絶対の自信でお届けしている。

 

でも、一つだけ謝らせて欲しい。

今回も「イキリオタク」をダシに話をしている。(ほんとごめんな)

「拳で語る」のは無しで見てほしい。

 

◆他人の目を気にしすぎだ!それこそ傲慢だ!

私は以前も述べているのですが、自信がない人は「傲慢」であることが多いです。

「え、自信がないのに傲慢?」と思われた人もいるでしょう。

 

自信がないという事は「他の人から良く見られたいあまり、緊張してしまったり、過剰に非難を恐れます」

単純に「良く見られたい」というのは構いません。向上心に繋がる良い兆候だと思います。

しかし人間とは怠惰な生き物です。

中にはこういう人もいます。

 

「努力もせず良く見られたい」人です。

明らかに怠惰で傲慢です。

そして残念なことに世の中の大半の人は怠惰で傲慢です。

 

謙虚なフリをして「努力もせず良く見られたい」のです。

無論この記事に辿り着いてしまったあなたもこの記事に「どうやったら自信がつけられるの?」と読むだけで自信をつけようとしているぐらいには怠惰です。

ご安心ください。私もその一人です。
今回は怠惰で傲慢な私が自信の付け方についてレクチャーいたしましょう

 

◆自分をスペシャルだと思い自己陶酔しろ!

「私は天才だ!」などと普段から思っている人はどのくらいいるでしょうか?

そんな多くはないでしょうね、日本人ならなおさら少なくなるでしょう。

元来日本人は謙虚です。

 

そのくせプライドも世界最高峰です。

武士は食わねど高楊枝、とはよく言ったものです。

 

そんな謙虚な日本人が「私は天才だ!」といきり立てる事があるのでしょうか?

あります。

それどころか、日常茶飯事です。

ですが、直接的表現を避けてしまうのはやはり日本人か。

 

以下の記事では、最近話題のイキリオタクのことをまとめています。

イキリオタクとイキリオタク狩りの醜い争いについて考えた

読むのめんどくさい人向けにまとめると。

  • 現実世界で抑圧されたソサエティカースト最底辺のオタクたち
  • その被虐から逃れるため奥ゆかしく自慢始めたオタクたち
  • 抑圧するオタク狩りがついにツイッターで祭りとなった
  • 狩られるオタクたちとその狩りを傍聴する民衆

という魔女狩りよろしくな光景に滑稽に思ったという話。

 

こんな記事を引き合いに出して何が言いたいかというと、根拠もなく自分の自慢をしましょうや、と言いたい。

「いやいやいやいや、やだよ!オタクたちみたいに狩られるのがオチだって!お前話の誘導へたくそかよ!」とお怒りのことかとお察しいたします。

だがな!

俺はオタクたちを支援する!

彼らは自分の醜い部分を許容せず!前に進む意思をネットの場に放流したのだ!

確かに彼らは滑稽かもしれない!

だが、それがなんだ!

笑いたい奴には笑わせておけばいい!

集団に埋もれて死んでいくよりも、無様に大舞台に立つ心意気の方がよっぽど価値がある!

 

今、君は「しょうもない」と思ったかもしれないが、ここが違う。

残念ながらこの時点で貴公はイキリオタクに精神的に劣っているのだ。

 

冷静に考え群衆の意見を飲み生活していたら大衆に染まるのは明白だ。

大衆に染まれば自信がなくなる。

「これが普通」だと思い込まされるからだ!

貴公はイキリオタクを見て「異常」だと思うだろう。

 

「異常」で良いのだ!

自己陶酔とは自分がスペシャルであると思い込むことだ!

 

もともととくべつーなーオンリーワンー♪

なんかじゃ全然足らん。

もっと足せ、大げさぐらいでちょうどいい。

貴公はスペシャルでグレートでアブソリュートなオンリーワンだ。

それは誰にも侵されることがない。

 

◆傲慢さを捨てて、自己陶酔した先

一旦冷静に話そう。

 

イキリオタクの叩かれている点にも言及しなくてはならない。

彼らは「実績が乏しいのにも関わらずイキってしまった」ここが彼らの炎上ポイントであり、敗因だ。

努力もせずにイキればこうなる。

 

「さっきと言ってることちげえじゃねえか!どっちなんだよ!」という怒号が聞こえてきそうだ。

一つ勘違いしないように言っておくと、私は「努力したものこそ報われるべき」と思っているだけであって「自己陶酔すれば成功する」などとは言っていない。

しかし、「自己陶酔は成功への一歩」とも考えている。つまり、「自己陶酔出来ていない貴公とイキリオタクだったら、イキリオタクの方が一歩先を行っていると考えている。」

 

●自己陶酔するならば当然、それに見合う努力を伴う。

突然だが、あなたは友人の結婚式でスピーチをすることになった。その際に練習はするだろうか?

もう一問、あなたは生死をかけた綱渡りを挑戦させられることになった。その際には練習するだろうか?

おそらく後者の問題の方が練習量は多くなるだろう。

命がかかっているから。

不思議なことじゃないよね?

 

●自己陶酔、自分に自信をつけるというのはある種の生存戦略と言ってもいい。

太古の時代、人間は常に生きるか死ぬかの瀬戸際に立っていた。

そんな彼らが「私はエサは自分でとれません」などという戯言が言えるはずもなく、狩場に駆り出されただろう。

 

あなたは現代という狩場にいる。

 

狩場にいるのだが、とてもぬくぬくしている。狩らなくても誰かがやってくれるから。

それほどまでに生きるための仕事量は減っている。

「自分がいなくても問題ない」

 

そのような考えがあなたの自信を殺している。

実際問題、あなたがいなくても世の中は回る。

こうしている間にも亡くなっている人が大勢いるのだからそれは実感して頂きたい。

 

「あなたがいなくても問題ない」

そんな中、自分にむやみやたらな自信をつけて行動するというは蛮勇ではなく、精神的に自分を保護し、さらに自分を取り巻く状況を好転させるほどの効果をもっている。

多くの人間がなんとなく気付いててもなかなか実践に移せない。

しかしこれを見たあなたは特に理由もなく、自分がいかに素晴らしい存在であるかということを実感して頂きたい。

あなたはスペシャルでグレートでアブソリュートなオンリーワンだ。

 

◆まとめ

 

太古の昔から自己陶酔があったわけではない。

生きられるかどうかが全てだった。

 

時代は進化した。

自分の美しさ、強さ、器用さ、博学さ。

そういった長所を自分を評価するという奇妙な思考があった。

 

更に時は流れ、現代。

今はテクノロジーの発達により、インターネットを介して自己陶酔及びアピールを始める人類があった。

ナルシズムと自己顕示欲と少しの自制、そのどれもが入り交じった非常に奥ゆかしい表現で自己陶酔していた。

 

群衆は「異常だ!異常だ!」と自己陶酔人類を放火。大炎上を巻き起こす。

そんな様相を対岸の火事のように見ていたそーさんは膝から崩れ落ちる。

「彼らが一体何をしたというんだ!イキっていただけじゃないか!」

 

そんな事件からしばらくしてあなたがこの記事にやってくる。

伝えたかったことは「上記の歴史」と「もっと異常であれ」「自信を持て」ということ。

 

あなたはスペシャルでグレートでアブソリュートなオンリーワンだ。

色んな事があったがこれだけは揺るぎようがない、もしこれを見て自信をもって生きられるのであれば、人生はきっと楽しいぞ。

 

「あ、だけど拳で語るのは無しで」

-コラム, 問題解決法, 幸せ, 思考, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly