コラム 人間関係 自己啓発 雑記

謙虚でなければいずれ見放され、廃れる理由

投稿日:2017年11月29日 更新日:

こんにちは、そーさんです。

私は天狗が嫌いです。

少しばっかり成功したぐらいで調子に乗って、「我こそは成功者なり」とご意見番気取りの中途半端な人たちが嫌いです。

逆に言えば勝って兜の緒を締めよ、という淡々と勝ち続けるスタイルが好みです。

 

◆謙虚であれと思ったきっかけ

私に限らないと思いますが世界的に見て自分のスキルを最下位だとは思えません。

日本という国は経済上位3%に入るほどの先進国です。

明らかに「上下」を意識してしまっている自分もいるのもまた事実です。

私は「私より下」と感じてしまっている人間が居たという事でおぼろげな安心感が生まれてしまいました。これは過去にテストの成績に自分より下な人間がいたとか、そういう言い訳口実になっているのです。

社会が作った「カースト制」「士農工商」のような階級制度を肌身で感じてしまい、これではいかんと自分の中の人の上下関係を消し去ろうと思ったのがきっかけ。

 

◆謙虚であることによるメリット

これはどちらかというとデメリット回避のような気がする。

とどのつまり傲慢であるという事が許されるのは若いうちの話であって、そのうち権力が年相応の年齢で得られても、成功者の精神力がお子様なままなケースがよくあるということ。

だから、調子にのって大物発言を繰り返すのですが、周りから疎ましいと思われ急速にしぼんでいくのです。

それでも注目を集められ続けるのは「炎上芸」と言って、実際の大物ではありません。

むしろ、そういう過激な発言や行動をとれないと注目を集められないのだとしたら、凡百人達と何が違うのでしょうか。

 

◆謙虚でなければならないが

私自身は成功など収めておりません、よっておごり高ぶる天狗の気持ちを理解する事叶いません。

故に「私は成功者だから発言力がある」などとは一切思いません、思えません。

ですが、自分は恵まれた環境に置かれていると思います。これは間違いありません。

この世において生きることを保障されている場所の方が少ないからです。

自分が運が良かったと素直にそこだけは受け入れときましょう。

問題はそのあとです。

かの戦争の天才ナポレオンが敗北した原因は慢心だと言われています。

戦争の天才ともいえる人物が、慢心一つでその身を崩壊させたのです。

いえ、権力を持った状態での慢心が一番影響力があり、恐ろしいのです。

 

◆勝って、勝って、勝ってきた人間に謙虚という言葉の理解は難しい

馴染みはないかもしれませんが、ポーカーのルールご存知でしょうか?

完全に運でカードが配られますが、勝負はブラフ、つまりハッタリの方が重要な訳です。

嘘で塗り固めれば勝てるのは、なんとなく現代社会と通じるところがありますね。

そんな風に勝ってきた人間って自然体で嘘が付けますし、説得力もあります。

かなり理路整然と悪びれることもなく嘘を言えるので、言われる側も本気にしてしまいます。

そうした海千山千の人が「謙虚」さを持つのは至難の業なのだと思います。

謙虚さはハッタリをなくし、その人の尊大さの演出を抑え込んでしまうからです。

ハッタリなくしては大物にはなりえません、のし上がるためのハッタリなのです。

努力+ハッタリで生き残った先鋭たちが、そのころになって「謙虚」を理解するというのは大変な困難でしょう。

そんなもの知らずに生き残ってきた人間からしてみたら、「謙虚」は何の得もないリスクです。そこまで上り詰めたというプライドに大きく傷をつけることになります。

よほど達観している人でなければ、大物と呼ばれる人が自分のプライドを傷つけるようなマネは出来ません。

そんなことが出来るのは、命の意味や価値を見出した悟りの境地に入ってしまった人の事でしょう。

死ぬときには資産などはあの世に持っていけませんからね、せめて人の記憶の中で良くあろうと心を改める事はよくあります。

 

◆我々一般人はどうする?謙虚に上を目指すべき

我々は一般人だ。

そうそう大物にはなれない。

傲慢な若者が「私には夢がある」と大きな夢・目標を掲げて、夢破れてしまったときにどのような反応をするでしょうか?

傲慢な若者であれば「私の才能が理解できない世の中がおかしい!」と反骨精神でさらに挑むでしょう。実にほほえましく、応援したくなります。

しかし、時を経て3・40代となった大人が「私の才能が理解できない世の中がおかしい!」と喚いているのは少し見苦しいです。

冷静に分析して何がいけなかったのか?下地がダメなのか?ここまで時間がかかってしまったのは何故か?ということを蓄積し、活用ているフェイズのはずです。

もし急に思い立って始めたのだとしたら、謙虚に取り組むべきです。

某議員のようにオラオラしている中年ほど見苦しいものはないですからね。

 

◆謙虚でなければいずれ見放され、廃れる

この世の中はITの進歩でなんとかなる世界になりましたが、結局は人と人が繋がっているだけの世界です。

誰かを凄いと尊敬したり、罵倒したり、この記事のように薬にも毒にもならなそうなことが散見しています。

炎上したものはその能力に応じて被害を負います。

先日ホリエモンが看護師の給料について「誰でも出来るから安いんだよ」と発言し、炎上していましたが、ホリエモンにはダメージにはなりません。能力が高いため、もはやその炎上すらキャラクター性の向上、血肉となります。

それにホリエモンは「謙虚」であることも使いこなしています。
出所後、好感度を上げるマーケティングを誠実に実行している謙虚さを持ち合わせています。

だから好感を持っている人にもアンチと呼ばれる人たちにも愛されて(?)います。

某暴言議員は一発で終わりでしたね。

自らが引き起こした傲慢が、上がった火の手が人生をメチャクチャにしてしまいます。

お気をつけて。

 

◆まとめ

謙虚さって体得するのすごく難しい。

一人でも「謙虚でない人」がいれば、そこからもたらされたストレスや傲慢さを感染させていきます。

そんで謙虚じゃなくなる。

仮にそんな事がなかったとしても、権力や金や資産を得ると人間って驕ります。

成功してもしなくても、謙虚さを失う事があって、人との繋がりを大事にしたいなって思うのに世の中のあらゆる要因がそれを捻じ曲げようとしてくるから、ほんと疲れる。

私は店の店員に暴言を吐くようなオヤジにはなりたくありません。

仮に私が成功しても「あーあ、天狗になっちゃったね」なんて言われたくありません。

今日も目の前で働いてくれる人に感謝しながら、日々過ごしていきたいものです。

-コラム, 人間関係, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly