コラム 幸せ 自己啓発 雑記

【誰でも出来る】満たされない気持ちを埋めるたった一つの方法

投稿日:2017年10月30日 更新日:

何やっても満足しないし、何をやってもこれ以上達成感を得ることが出来ない。

頑張っていると思っているし、これ以上頑張れる気もしない。

どうすればいいんだろう?とお悩みの方のための記事です。

正直この問題の解決法はかなりシンプルなので、出来れば持ち帰ってさっさとやってほしいです。

 

誰でも出来ます、大丈夫。

 

出来なくても元に戻るだけだから問題ない。

失うものはありません。

だったらやった方が得でしょ?

 

◆満たされない気持ちを埋める方法

「足るを知る者は富む」これだけ、これが真理。

「満足を知っている人」はたとえ貧しくても、精神的に豊かだという事。

 

「いやいや、満足できないから困っているんだよ」
という声はあるでしょうが、まあ落ち着いて。

自分がどうやったら満足するか、または何で満足するかの分析が足りていないのだと思います。

 

満足、というのは何も金銭的な理由ではありませんよね。

恋人や物欲、知識欲……なんだっていいわけです。

なんでもいいのにもかかわらず、失礼ですがこれを読んでる人は恐らく「精神的に貧しいと思っている人」の方が多いような気がします。

意外とそういう人は多いわけですけど、「足るを知る者は富む」というたったそれだけのことが難しい訳ですよ。

 

これからの話は「足るを知る者は富む」ためのそーさんお得意の精神論です。

 

◆「足るを知る者は富む」を知らないと満たされない理由

納得できない人もいるでしょうから。

「足るを知る者は富む」重要性についてお話ししましょう。

 

器に水を注いでいっぱいの時に「器が満たされた」って言いますよね?

それが出来ていないということは、「器が大きすぎるか、水が足りないか」
のどちらかなわけですよ。

 

シンプルにあなたは、

「器(自分が満足する許容量)が大きすぎるのか」

「水(満足)自体が足りていないのか」

のどちらかということになります。

 

私は往々にして「器」に問題があると捉えています。

器が小さければそもそもこのような問題は起こりません。

 

あなたは生きていて何一つ満足いかないという事は無かったと思います。

何かしらで成功して、失敗して、挫折して苦労して……。その中でも喜びのようなものがあったと思います。

だけど、これがここ最近あるいは数年も感じることが出来ない。

そういう症状だと邪推いたします。

 

それは自分の欲の制御が出来ておらず、どんな物事がこようと幸せに感じることが出来なくなっているのです。

 

人間は欲に弱い生き物です。可能であれば楽しようとします。

現状も自分の欲望が常に傍にいて「この欲を消化出来ない間は自分は満足できない……」と常に欲望を抱えて生活しているのです。

 

欲望を消化出来たとしても、また同等のレベルかそれより上の水準の欲望が生まれてしまい、結局「満足できない時間」が増加します。

これってずっと悔しいし、「欲望を叶えられない自分を責める」ような人もいっぱい出てくるんですよ。

これはもったいない。

人生は幸せな時間が長いほど有益だと思うのですが、どうですかね?

 

◆夢と欲望の混在は危険

もう少し欲望について言及していきます。

説教じみた内容になっているので飛ばしてもらっても構いません。

 

例えば、オリンピック選手が「金メダル!」という欲望を抱えて目指すという事は大いに「アリ」なのですが、それが一般人になったときに「ダメ!」という話ではないのです。

問題は「欲望」のための行動を起こせているか?出来ていないのであれば、自分の欲望の器を小さくすればいいんじゃないか?

という提案になります。

 

じゃあ、夢と欲望の違いはなんだ?

金メダルという夢と、一般人の欲望の違いとは何か?

それは、「実現のための行動を起こしている」という違いがあります。

オリンピック選手は「金メダルとりてーなー、とれねーかなー」なんてぼやいているわけではありません。

日々努力しています。

しかしながら、世の大半の人は努力も行動も起こさずに「あーあー、満たされねーなー」と言っているにすぎません。

 

イラっとしましたか?それとも、その通りだと思いましたか?

 

残念ですが、それが事実なのです。

努力していれば夢、していなければただの欲で終わるでしょう。

混在させてはいけないのです。

 

◆「足るを知る者は富む」方法!

これだけ読んで!!!!!!!

でも説教臭さが取れない助けて!!!!!

結局は自分の欲が強すぎるんだよ!!!!!

そのくせ何にも努力しないから満足いかないんだよ!!!!!

 

「仕事を一生懸命やる」とかじゃなくて、

「自分のやりたいことを努力してやれているか?」という部分が欠けているのと、

その「努力」という部分から目をそらして

 

「楽してー、だけど満足もしたーい、努力もしたくなーい」とか言ってるから満足が出来ないんだよ!!!!

要らないものはいらない!!!

したい事をやっていく!!!

これでいいんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

その中で「足るを知る者は富む」が育まれていくんだよ!!!

少なくとも、やりたいことを我慢しながら日々過ごすよりも、したいことをしてる方がまだ精神的には満たされるはずなんだ!

これが全て。

それ以外だと、そうだな。

「やりたいこと自体がない人」なんじゃないかな?

これも深刻な問題だけど、今回の件と絡めるとめちゃくちゃ長くなりそうだからこれはまた後日話すよ。

 

◆まとめ

歳をとると説教臭くなるのは本当。

 

「足るを知る者は富む」事は、何も金銭的に満たされることじゃない。

お金を稼ぐことでもいいけど、そこに焦点を置いていない人は精神的に満たされることを追求すべき。

結果として貧しくなったとしても、楽しい時間を多く取れることは幸せに繋がる。

幸せな人間が多い国は素敵な事だ。

 

さあ、楽しく過ごすための行動だ!!!

「足るを知る者は富む」ための行動だ!!!

好きなことを始めるんだ!!!

-コラム, 幸せ, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly