お金 コラム 人間関係 仕事 幸せ 思考 自己啓発

【黄金の法則】成功者になるための手順

投稿日:

悩み多き成功者とはいったい何なのか?

それは、「わざと悩みを持つことによって常に改善の意志を持った人」と定義する事が出来ます。

『若いうちの苦労は買ってでもしろ』と言いますよね?

成功者は初めから成功者だったわけではありません。7~8割の成功者は一代で巨万の富を得たというデータもあります。

ゲイツもジョブズもバフェットもみんな一代で大富豪となりました。

そうやって成功してきた人はどのように「悩みと付き合ってきたのか」考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

んなもんあったら、とっくにやっとるわ!だまされんな!

最近上記のような『目につく』タイトルに、上記のような『ありがちな』文言が書いてある記事が目立ちます。
ちょっと言わせてもらいますよ。

あなたがこのタイトルに興味を持ったのだとしたらよく考えてほしい。

「成功者の話」はそれはそれは痛快な話になりますよ。
「成功者の話」は途中どんなに辛いことがあっても、ハッピーエンドになることは分かっていますからね。

それに世の大半が、成功者の話は「きっと深い意味がある」と勘ぐって聞くんだ。信仰対象と信者がいれば宗教として成り立つんだ。○○セミナーとかも言ってしまえば宗教の構図と変わらない。

登壇するエリートと傍聴する真摯な信者によって構成された、「成功者宗教」。そう思わないか?

 

私はセミナーにいったことがありますよ

 

グダグダ言ってますけど私はセミナーに行った事あります。

登壇した人はなんでも営業の凄い人で(私の職種は営業じゃなかったんですけどね)

「俺は上司から死んでくれといわれたことがある」とか
「エリアの業績を俺が一人でひっくり返した」とか

武勇伝を交えて、自身の営業法を語るといったものでした。

 

「古臭い」という感想しか出てこなかったのですが、周りからは称賛の嵐でした。
「やっぱ○○さんは違うわ!」「俺も出来る気がする」等々、感化された方が多いようでうらやましい限りでした。

 

セミナーでの効果は実効果よりも目に見えないモチベーションだったり、考え方が変わっていくことに意義があると思っています。
だからこのセミナーで感化された人は「間違っていない」のですが、自分のスキルとして身についた訳ではないことに注意していただきたい。

セミナーが提供できるのは、考え方や手法です。
あなたはそれを自分のスキルとして昇華しなければなりません。
でも大抵の人間が「セミナーを聞いた時点」で満足しています。
凄い人の話を聞けたことだけで自分に箔がついたと勘違いしてしまうのです。

参考書を買って満足してしまう心理と同じですね。
買った時点で満足してしまっている。聞いた時点で満足してしまっている。
人間とは楽したい生き物なのです。

 

あなたはタイトルに惹かれてこの記事を読んでくれているかもしれないけど、これってセミナーの参加者の気持ちと類似していますよね。
「成功者の黄金の法則?なんやろそれ?みてみよー」ぐらいの感覚でしょうけどね。

 

成功者の法則はありますよ?

いい加減言いますか。
なくはないんですよ、法則。

成功者は口を揃えて言ってますよ。

「やれ。行動しろ。それしかない。
あなたが決めた事で行動しろ。
そして世間に認めさせるほどやること」
そういってます。

勘違いも多いので補足しておくと「今みたいにネットサーフィンする行動をとれ、と言ってるわけではありません」

だって「セミナー」を聞いても「モチベーション」や「考え方」を変える効果しかないんですよ?

自身を変えるためには「行動すること」以外にないんです。

あなたが出来ることは「行動」。
知識を集める事じゃない。

脳停止で「成功者の言葉」を追っても大してあなたの人生は変わりません。

-お金, コラム, 人間関係, 仕事, , 幸せ, 思考, 自己啓発


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly