お金 コラム 仕事 自己啓発 雑記

職業に貴賎なし。だとするならばこの状況はおかしいよな?

投稿日:2017年10月16日 更新日:

働いても働いても地べたを這いつくばるような生活を強いられている人たちがいっぱいいる。

確かに職業に貴賎はないかもしれないけど、それで地べたを這いつくばるような人たちが氾濫するってどういう了見だ。

「バカだから」とかそんな言葉で片付けられるか。

 

◆あふれ出る「社会的弱者」

私なんかはまだ良い方だ。

あいにく生活に困るような状態には陥ってないからね。

なんだったら月10万あれば余裕で生活出来る上に貯金まで出来る。

そういう具合だ。

 

でも世間様には「生活に困ってしまった人」がいっぱいいる。

企業は「人手が足りない」って言うし、ワーキングプアも山盛りだ。

その中には所帯持ちだったり、借金もちだったり、とにかく明日の生活すら危ういような人たちがいっぱいいる。

 

なんでこうなったのかとひも解くと「時代の流れ」ともいえるような苦々しい経験を語ってくれます。

リーマンショックや震災の傷跡というのは今もどこかに残っているのです。

一定の年齢が過ぎて、一度会社から外れてしまったら社会に復帰するのは物凄く難しいのです。

語弊がありましたね、同レベルの復帰というのが難しいのです。

 

◆資本主義は弱肉強食だからね、仕方ないね

そうは言いつつも、やはり資本主義の限界というのも見えつつあるのです。

これは世界の富豪8人が貧困層の36億人分に相当するという記事だよ。

世界富豪トップ8人の資産、貧困層36億人分と同じ=慈善団体
http://www.bbc.com/japanese/38633737

この記事には今回言いたい事の大半が詰まっているけど、なにより「資本の集中」について訴えたいよ

 

そもそも資本主義はお金(資本)で経済をぶん回そうぜ!頑張った分だけ資本となって返ってくるよ!だからみんな労働しようね!という風な社会制度です。(雑すぎる)

 

そんなこんなで資本主義経済が先進国に普及して、時代を経て究極的に「資本家」の元に集まってしまったわけ。

「えぇ……それなのにお金の価値は変わらないの……?」

お金はお金です。

人間の経済社会という知恵では必要不可欠です。

 

だのにこうもバランスはぶっ壊れている。

私は共産主義じゃないから、均等分割とかそんな事を言うつもりはないけど、ちょっと資本主義の限界が見えてきたな、と感じました。

 

◆まとめ:職業に貴賎なし……だが……

職業に貴賎はない。それは認めるよ。

皆やっている仕事は尊いものだし、上下はない。

ただ、お金を稼ぐことは卑しいことじゃない。尊いことなんだ。

 

精神的には「職業に貴賎はない」のだけれど、職業的には貧富の差は広がっていく。

それに気づいた「儲ける事」に特化した人たちが出てきて、また貧富の差が広がっていく。

そうやって繰り返して、あっという間に限界だ。

世界の富豪たちは「貧困」について誰よりも思案してくれているのに、世界この有様だ。

 

ワーキングプアとか少子化とか長時間労働とか年金制度そのものとか、日本の労働の問題は山積している。

これでも歴史の中ではトップクラスに良い時代なんだよ。

 

少なくとも、まともな仕事をしている人間の生活を守れよって話なんだけど、もう資本主義経済が極端な資本分配になっているから難しい。

もう誰にも止められない。

頭を使って自力で上に這い上がるほかないのだ。

-お金, コラム, 仕事, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly