コラム 人間関係 思考 自己啓発

「分かりやすく伝える方法」の暴走、テレビの陳腐化

投稿日:

◆テレビの衰退から見る、分かりやすく伝える暴走の始まり

本題に入る前に、少ししょうもない主張をしておこう。

私はテレビが嫌いだ。

「最近のテレビは面白くないから」というのが主張の大部分だが、テレビ業界の規制に次ぐ規制といった状態から業界全体を批判するものではない。

 

分かりやすく伝える、これはコミュニケーション上最も重要なことだ。

我々は日夜伝言ゲームにいそしんでいる訳ではない。

テレビ、並びに各所メディア、仕事上のコミュニティ、学業のコミュニティは「分かりやすく伝える」ことを目指している。

 

分かりやすく伝えるという事はしばしば簡略的な表現「ウマイ・キレイ・スゴイ等」を使用することになるが、テレビ上では過剰に思えるリアクションを取る。

結果的に視聴者にはインパクトがあって分かりやすくなっている部分があるのだが、問題点として「全部伝わり方が同じ」という欠陥を抱えている。

 

私は一様に同じ伝わり方をする今の日本のテレビというメディアが嫌いだ。

百歩譲って同じ伝わり方をする表現を許したとしても、バラエティで言えば同じような企画や内容だったり、ニュースであれば偏向報道にまみれていたりと、娯楽性・信憑性も危ぶまれている。いや、もうとっくに終わっていたのだろう。

 

かつてはテレビが好きだっただけに、たった十数年の間にメディアの頂点から崩れ去った現状は感慨深いものがある。

時間効率的にも情報量的にも情報の双方向性からみても完全に他の新しいメディア(インターネット)に劣っているのだから仕方ない。

世の中は便利な方に向かっていく。

ただ、思えばこのテレビの一件こそが「分かりやすく伝える暴走」の始まりだったのだ。

 

◆分かりやすく伝えてくれないとヤダ!わかんない!

さて、本題を話そう。

「分かりやすく伝える」というのは先ほども言った通り、簡略的な表現を使ったり、内容そのものをかみ砕いて説明することだ。

「そんなん当たり前じゃん」と言われるかもしれない。

それでも、「分かりやすく伝えて」という要求のレベルの高さはなんとなく理解出来るのではないだろうか。

「お前の説明こんなんじゃ分からないよ」というのは簡単だけど、説明する側になるとそのレベルの高さがハッキリする。

 

相手のレベルに合わせて情報のかみ砕き方を変えなくてはいけない。よってこの文章も伝わる人にしか伝わらないはずだ。

このサイトは伝え方について色々方法を工夫している。

 

感情的に書いてみたり、そうでなかったり。細かいところを上げればキリがないが、全体の統一は行わないつもりだ。

これは読者レベルを問わずこのサイトに来訪してもらいたいからだ。

 

この文章の入った見出しは感情的になっている。

もしかしたら騙されてここから読み始めてくれるんじゃないかと思う。そうじゃないとヤダ!

 

◆万人に伝えようとするから陳腐化する

結局ね、何が言いたいかというとね、「思った事を言わない+万人受けを狙う=面白くない」んだよ。

嫌なことは嫌だと言わなきゃダメだ。

皆に平等に伝わる話なんか無いんだよ。

 

例えばイソップ物語に「狼と犬」というのがある。

「自由だが危険な暮らしの狼」と「飼われていて自由がないが安全な犬」が出会いお互いの意見を述べるという話だ。

最終的には狼が「自由がないなら、君のみたいな暮らしはくそくらえだ!」といって森に消えていく。

 

この話の教訓は「自由であること以上の事はない」とかなんとかだった。

自由っていいよねって教訓だけどさ。

 

でもさ「私は飼われたい!」って人、つまり犬派って人もいるじゃん?

俺から言わせれば「結婚して養ってもらいたいと思っている女性」も犬派だよ。

自由ってのは何をしたって危険を伴うんだ。

結婚して金銭的な自由を得ても、離婚されたらその自由は終わりだ。

他人に頼るようならそれは自由ではないんだ。飼われているのと同じ。

狼のように生きられればそんな女性は生涯困ることはない、辛い思いはするかもしれないけど、それが自由だ。

 

とかね。

ある一定層に向けて情報を発信した方が具体性があって面白いと思うんだよ。

 

だけど、テレビはスポンサーとかまぁ色々大人の事情があって万人受けを求められれる。

だから放送内容が似たり寄ったり、PTAだかBPOだかが寄ってたかって不謹慎だなんだやるからクソの役にも立たない「倫理観」とやらで完全につまらなくなった。

万人に情報を発信しているようで誰が見てもつまらないメディアに成り代わってしまったんだよ。

 

◆まとめ:人に伝えるときの心構え

人に伝えるときの心構えとして私が信条としていることを述べて終わりたい。

 

人に伝える話題はなんだっていい、多少感情的になろうとも構わない。

粗削りでもいいし、伝わらなくたっていい。

しかし、ダメなことが一点ある。

 

オブラートに包んで万人受けするような言葉にすることだ、これだけはダメだ。(無理に暴力的な言葉を使わんでいい、弱く見えるぞ)

それは相手に伝える言葉ではなくなる。

しかしながら、万人に伝わるように見える言葉だ。

万人に伝わる言葉は存在しない。

万人に伝わる言葉は相手には伝わらない(響かない)。

 

以上、解散。

-コラム, 人間関係, 思考, 自己啓発


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly