体質 健康 皆の悩みを覗いてみる

円錐角膜でハードコンタクトを放置して悪化してしまった話

投稿日:

 

人間、いつでも元気にありたいものです。

 

しかぁし!不健康とかいうのは突然あなたを襲うんですよ!

相場でそう決まっています!

 

今回は難病にかかった方に語っていただきました。

 

円錐角膜(えんすいかくまく)とは一体!?

あなたの身にも突然起こるかもしれません。

 

用心のためにも一読下さい。

聞く人にとってはホラーですけどね。

 

それでは、どうぞ。

 

 

円錐角膜という診断、「えんすいかくまく」って何!?

円錐角膜との出会い

円錐角膜(えんすいかくまく)という病気を知っていますか?

日本では一万人に一人(1980年の報告、難病情報センター)と言われる希少疾患です。

 

病気としては意外なほど長い歴史がありますが、現在の医学でもはっきりとした原因は不明です。

私は少なくとも中学時代までの視力は悪くなく、高校時代に視力の低下が起りはじめましたが、ぎりぎり眼鏡等の矯正器具の力を借りずとも生活ができていました。

 

しかし社会人になってから視力の顕著な低下と、視え方に不安を覚え近所の眼科医に。

眼科の先生から、ウチでは手に負えない、紹介状を書くから大学病院に、と言われて更に不安は倍増。

大学病院での診断結果が円錐角膜だったのです。

 

円錐角膜が悪化していく……

進行を抑制しないと手術の可能性もあると言われ、かなりのショックだったのを憶えています。

円錐角膜の治療に基本薬は使いません(眼に傷などが入った時は別)。

症状の特徴が角膜の変形にあるので、それを物理的に抑えるため、ハードタイプのコンタクトレンズを使用するのです。

円錐角膜の視力低下や視え方の異常は、角膜の変形に由来するので、コンタクトの使用で視力も改善しました。

 

最初期こそコンタクトの違和感に苦労しましたが、それを乗り越えると、さほど苦労なく生活できました。

医師からは出来れば半年、最低でも一年に一回は来るように言われていましたが…行きませんでした。

コンタクトは大体2~3年で交換していましたが、病院に行くのはその時だけ、その度に注意は受けていましたが、何せ一回行くと半日はつぶれるので、中々腰をあげなかったのです。

そして五年前、運命の刻が…。

 

いきなりでした。

 

本当にいきなりコンタクトの着脱が上手く行かなくなったのです。

しかも、着脱に手間取るせいか頻繁に角膜に傷がつくようになりました。

角膜に傷がつくと更に着脱が困難になる、明らかな悪循環です。

 

後悔先に立たず、あの時医者にハードコンタクトの交換に行っていれば!

 

状態が急激に悪化した理由は不明ですが、思い出してみると以前より多少違和感が強くなっていましたが、正直危機感はありませんでした。

 

私は、「チクショウ、先生の言うこと聞いてもっと医者に行ってれば…!」と思いましたが、後悔先に立たず。

 

そこからの半年間は、生活も仕事にも大きな影響がでて、多くの人に迷惑をかけました。

きちんと定期的に病院に行っていれば、そういった状態になるのを防げたかもしれないし、仮に防げなかったとしても、早期に状態を戻せていた可能性があります。

 

それから私は自宅近くの眼科医を、掛かり付け医にすることにしました。

円錐角膜用のコンタクトを処方してもらうところは、大病院の眼科、原則決まった曜日の予約制でした。

希望日に予約するのも一苦労だったのです。

先ずは掛かり付け医に定期的に診てもらい、先生の診断に従い、必要なら専門性の高い病院の診察を受ける。

という形を確立したのです。それ以来眼の軽いトラブルはありますが、小さな芽のうちに済んでいると思います。

 

形として確立すると習慣になるので、こんな簡単なことだったのか、と思わず苦笑いの気分でした。

慢性的な持病を持っている方。症状が悪化してからでは、場合によっては周りに多大な迷惑をかけることも有り得ます。

 

そうならないためにも、掛かり付け医をつくること、調子が悪くないときこそ、定期的に診察を受けることをお勧めします。

 

管理人からの一言

 

ひぇえええ……。

めっちゃくちゃ怖い話だ。

 

医者の言うことを聞かないならそれなりの結果になる覚悟をもってくださいね……。

 

それにこの方の言うとおり、「調子の悪くない時のメンテナンス」が重要なのです。

早期発見早期治療。

この対処に勝るものなし。

 

そういった症状になってしまった時はおとなしくお縄について治療に当たって下さい。

ものぐさで医者にいかないと大抵より大事になってしまいます。

 

私もものぐさというか病気の過小評価で死にかけた事があるんで、これはマジです。

-体質, 健康, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly