人間関係 思考 皆の悩みを覗いてみる

人間関係の悩みについて ~ゲーミニフィケーション~

投稿日:2017年9月18日 更新日:

 

まだお若い方に人間関係の悩みについて語っていただきました。

それではどうぞ。

 

人間関係の悩みについて ~ゲーミニフィケーション~

私は人間関係でよく悩んでしまいます。

一例としては会社でよくある「派閥争い」のようなものが悩みの1つです。

ライバル会社に対して競争心を燃やしたり、相手に勝つために罠をしかけるのならまだしも、同じ職場の、同じチームの足を引っ張るような行動が信じられないのです。

派閥争いがなくとも少ないチームでもなぜか、必要以上にチームワークを乱す人もとても苦手です。

常に気配りをしろという意味でもなければ、相手の顔色を伺いながら仕事をしろとまで言うつもりはないのですが、どうして同じ仕事をする仲間同士で仲良くできないのかなぁと、酷いときは悩み過ぎていた時期もありました。こういう場合、大抵は部下ではなく上司なので「いい加減にしろ!」と怒鳴り散らすこともできません……。

 

私の経験上だけですが、上司の上司に相談をしても、「あいつはあんな感じだから」と諦められていることが多かったです。

悩んだのは、単純に考えても不仲になるのが無意味だからです。

今の時代は飲み会に参加しない若者が話題に上がりやすいですが、若者の視点から見れば上司達にも大いに問題を感じているはず。

上司の言葉通り、諦めて割り切るべきなのかなと悩んだこともありました。

大人になっていくことで諦めなければならないこと、妥協しなければならないこと、多いですよね。

私も子どもですので、諦めはありませんでした。

 

悩んでしまう人の多くはきっとそうなのではないでしょうか。

そんな心を持っているのではないでしょうか。私はそんな気持ちになったとき、なるべくポジティブに捉えるようにと考えるようにしました。

 

ゲームとして捉える

学生の頃に夢中になったテレビゲームのことを思い出しつつ、自分の人生や仕事をゲームだと思うようにしたのです。

テレビゲームとは違ってセーブもリセットもできず、邪魔な存在、つまり人間関係で悩みの種を持つ人をそう簡単に削除はできない、なかなか難易度の高いゲームです。

そのお邪魔キャラクターが存在しながら、どれだけ良い成績を出せるか。

いかにお邪魔キャラクターよりも自分のほうが周りの人に認めて貰えるか、お邪魔キャラクターに嫌われないよう、どうすれば邪魔を最小限に抑えられるか、これらを考えることで苦痛まみれの悩みからシミュレーションゲームのように捉えることができたのです。

それでもやはり苛立ちを抑えられないときもありますが、テレビゲームでも同じことはあると言い聞かせられます。
(ありますよね、コントローラーを投げ捨てたくなるような瞬間)

やはり自分の目線だけだと疲れてしまいます。

そういうときは今の自分はゲーム上のキャラクターで、仕事や人間関係も画面のものと思えば少しは気持ちが楽になります。

 

管理人からの一言

 

思考の転換という意味では「ゲーム」として捉えることは非常に合理的だと思う。

「ゲーミニフィケーション」と呼ばれている。

ゲーミフィケーションゲーミフィケーション(英: gamification)は、課題の解決や顧客ロイヤリティの向上に、ゲームデザインの技術やメカニズムを利用する活動全般。 この言葉は「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という「ゲーム化」から派生し、2010年から使われはじめた。

日常生活をゲームの形に落とし込むと何がいいの?

 

単純化と合理化。それから、「楽しませる、熱中させる」という要素を加えられる事がメリットだと言われている。

 

「頑張れ!やれば出来る!」的な精神論の時代は終焉を迎えて、ゲームのような動機づけや目的をもったミッションにシフトした方が楽しいよね?

楽しければ持続するよね?持続したらそれは価値につながるよね?

ハッピーじゃん、という話。

 

余談ではあるが、

「いやいや、RPGと現実世界を混同したらダメでしょ。

ゲームが問題で殺人事件が起こっているじゃないか」

などという話も聞くけど「お門違いだバカ」である。

ゲーミニフィケーションはそもそも「ゲーム」を使ってどうこうする話じゃなくて、「ゲームという要素」を使って上手くミッションをこなそうぜ、社会を良くしようぜ!という取り組みだ。

「お門違いだバカ」である。

 

現実世界にはゲームのようなパラメータが存在しないから、経験値を稼ぐような「レベリング」という要素は見られない。

でも、ゲームの本質はそういったパラメータではない。

 

敵を殺せるから問題なんじゃない、熱中できないクソゲーだからダメなんだ。

 

世の中の「モチベーション」の上がらない事は全てクソゲーといえる。

人間関係は誰しも嫌々ながら付き合いが発生するので、クソゲーになりやすい。仕事も同義だ。

そこで、少しでも「モチベーション」や「生産効率」を上げようとしている若者の発想は、大人が言う「社会では非常識」等という古臭い考えよりもよっぽど合理的だと言える。

 

まぁそんな事でうだうだやっているよりも、好きなことを仕事に出来たら最高なんですがね……。

-人間関係, 思考, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly