いじめ 人間関係 仕事 仕事が辞めたい 健康 思考 皆の悩みを覗いてみる

【反撃】わたしの人生はわたしが決める!派遣の職場のいじめで円形脱毛症

投稿日:2017年8月6日 更新日:

 

職場でのいじめについて語っていただきました。

読んでてその職場への怒りが湧き上がってくるようです。

 

いじめと脱毛の記事ですので、脱毛単体の問題だったら以下の記事の方がオススメでございます。

↓↓↓↓↓

20代からの頭髪の薄毛に関する悩みについて

 

嫉妬や妬みでの不条理ないじめが存在してしまっている、これが日本国の仕事の現状のようです。

全くもって生産性もない、唾棄すべき問題だと思います。

 

この方はどのようにしてその意志を変えたのか?

悪しき問題にどう挑んだのか?

 

それでは、どうぞ。

 

派遣社員として働き、いじめとストレスで円形脱毛症の経験

派遣社員として働き出したら、いじめに合いました

初めて私が会社へ派遣として働き始めたときの事です。

車のエンジニア関係の会社だったので社員は男性が多く女性は派遣社員ばかりの会社でした。

尚且つ派遣女子達はアラサー独身かバツイチ子持ちが多かったのです。

 

入社したての私に派遣女子たちは年齢から彼氏の有り無し、仕事の契約形態など根掘り葉掘り聞いてきました。

私は当時23歳で1番年下で彼氏もいて、契約も英会を含む契約だったので他の派遣女子達が気にくわない存在になりました。

 

いじめが直ぐに始まりました。

内容は皆で話していても私が話に入ると会話が一切なくなる。

無視される。必要事項を教えてくれない。

メール全員返信の宛先を消す。聞こえるように私の悪口を言うなどです。

 

円形脱毛症になった怒りと悲しみ

そんな事が毎日積み重なって私はいつも休憩時間1人でいるようになりました。

そうすると正社員の方々がどうしたの?と心配してくれるのですが、それももた意地悪な派遣女子達の気に入らないことの1つになっていきます。

 

何も悪いことをしてない私が何故こんなに女子達に責められて、嫌な気分をさせられなければならないのかと、心の中で激しく怒りを覚え始めたのと同時に、ものすごいストレスになっていき気づけば円形脱毛症ができていました。

 

たまたま友達の家に遊びに行ったときに、髪を結ってくれた事で発覚してもの凄く惨めな気持ちになりました。

私の心だけじゃなく髪までも抜けていくようなストレスを与えられてたなんて想像するだけで怒りがもう止まらなくなりました。

怒り=悲しみなのです。

会社では息するのも大変になり、ずっと苦しかったです。

 

私の人生は私が決める、誰にも邪魔されたくない、させない!

 

解決方法のきっかけになったのが、息がうまくできなくて苦しかったとこです。

母に相談すると精神科へ連れっててくれました。

そこではうつ病とは判断されず薬ももらわわなかったのですが、「自律神経が乱れているのでは?」ゆっくりしてくださいとの事でした。

 

そんな中、大好きなマッサージに出かけ、気分をリフレッシュすると、こんな他人に私の人生を無駄にされたくない。

邪魔されたくない。

 

私はあの派遣たちの僻みに耐える必要はないと、考え方を変えました。

もともと弱い性格でもない私は心の自分の人生は私が主導権をもって他人に左右されない!

と強く思うようになりました。

 

それから会社では堂々と仕事をし、何か理不尽なことを言われたら反論するようになりました。

絶対文句を言わせないようにしっかり仕事をし、何が問題なのかと言わせない。

そうすると仕事もどんどんまかしていただけるようになり、意地悪な派遣女子達も聞こえるようにとかあからさまな意地悪をしてこなくなりました。

他人は他人。何を言われようと自分の道を行く!という事がとても大事という事を学びました。

 

管理人からの一言

いじめを行うのは弱い人間だ

あなたの人生はあなたのものだ。

決して誰にも侵されてはいけない権利だ。

 

しかし、現状ではいじめの問題は子供にも大人にも広く蔓延しており、各方々、いじめ撲滅に向けての動きを進めている。

そんなに手を尽くしても無くならない。

 

根深く、邪悪で、人間の精神がいかに弱いか教えてくれる問題だと思います。

 

集団でいなければ安心できない。

安心を担保してくれるのは、「弱い立場」の人。

「弱い立場」の人がいじめられることによって、「強い立場」が保証される。

いじめている人は弱い人間なのです。

不安で不安でいじめる人を求めているのです。

 

幸せな人は「いじめ」を行わない

ひとつ発想を変えると、「幸せな人」がいじめに加担するでしょうか?

 

経済的に余裕があって、仕事や生き方に不満が無く、誰からも愛されるような人。

そんな人がいじめを行うイメージが出来ますか?

私にはできません。

 

生きる事を肯定する人間はいじめを行いません。

 

いじめを行うのは、精神的に弱く、現実の暮らしに不満があり、ストレス耐性も低い。

そんな人間です。

 

もし、そんな人間にからまれてしまったら、「逃げる」か「戦いましょう」。

「防御」や「停滞」など効果はありません。

 

反撃してきたら、とたんにいじめは止みます。(この方のように舌戦での反撃をオススメしますが)

なぜなら、いじめる側は「集団でいることでの安心感しか持っていない」からです。

あなたが反撃をするのであれば、その安心感は崩れ去り、いじめられなくなります。

 

リスクを犯してまでいじめようとしなくなるんです。

 

メンタリストのDAIGOさんは幼少の頃、

いじめっ子にナタを投げつけたというエピソードがあります。(いじめっ子の近くに投げただけで当ててませんよ!)

それだけでいじめがとまりました。

いじめっ子からすれば「いじめているだけなのに、ナタを投げつけられてはリスクとリターンが合わない」のです。

 

いいですか、反撃です。もしくは全く関係のないところまで逃げるんです。

 

いじめを倒すにはいじめられている環境をねじ伏せる怒りを持つことが必要なのです。

 

-いじめ, 人間関係, 仕事, 仕事が辞めたい, 健康, 思考, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly