女性向けの記事 家族・親戚 幸せ 皆の悩みを覗いてみる 結婚

【旦那へのイライラ】産後更にイライラが増す

投稿日:2017年7月15日 更新日:

今回のお悩みは「旦那へのイライラ」です。

 

「気に入らない!気に入らない!ある時からあなたの事が気に入らない!」

 

今回の記事で勘違いしないで欲しいのは「旦那がとにかくイライラする」のでは無く、「徐々に目がつく所が増えてきた」という点です。

 

産後という事でホルモンバランスが安定しない時期になりますので、旦那は無神経なのか、そうでないのか。

 

全体の登場人物たちから読み取って頂きたいです。

 

それではどうぞ。

 

旦那がだらしがない

旦那とは付き合って数年で同棲をしました。

 

几帳面で特に家の中は綺麗にしておきたい私とは反対に、旦那は凄く雑で片付けができませんでした。

 

冷蔵庫には旦那が飲みかけたペットボトルが沢山はいっており、空の容器も捨てる訳でもなく机に置きっぱなし、更に脱いだ服はもちろんその場に脱ぎっぱなし。

 

食べ終わったお皿は置きっ放し。電気もつけっぱなし。本当に全てが中途半端でしたが、当時は軽く注意をするだけでやってあげることが多かったせいか結婚してもその中途半端な所は改善されませんでした。

 

 

私が妊娠をして実家に帰った際も旦那は友だちの家に遊びに来ている感覚の様な気がしました。

 

私の母に楽な部屋着を借りても帰る頃には脱ぎっぱなしで帰ってしまう事が多々ありました。

 

 

母は怒ることもなかったのですが、私は常識の無さに腹が立ちました。

 

また、母が話しかけているのにも関わらず、仕事で疲れているのか話の途中で眠ってしまったりする事もあり、こんな旦那と結婚したことが本当に恥ずかしく感じました。

 

 

そんな旦那は自分の家族にはよく見せたいのか、私に対して色々と注文してくるのです。化粧や服装の事まで言われた時は非常に腹がたちました。

 

もちろん、ある程度の常識は身に付いているので食事の手伝いや片付けなどは自ら行っているのですが、それをする前に旦那に手伝うことを促してくるのです。

 

本当に私の親との接し方が違いすぎて驚きました。出産を終えて家に帰ってくると、育児や家事に加え旦那の身の回りのことをしていると本当に疲れました。

 

母に相談、旦那に改善も要求

 

そのせいで肌荒れもしました。大泣きして母に話したりもしました。

 

しかし、母は離婚も経験しており1人で子どもを育てる大変さを知っているので、耐えるように言われました。

 

でも、私は我慢出来ずに旦那に全て嫌な所を話し、残酷ですが今は旦那の事が嫌になってきていることも伝えました。そんな話をすると旦那はだんまり。

 

 

何か思っている事を話して欲しいと伝えると、これからは気をつける、ごめんと言われました。

 

なぜか腑に落ちませんでした。夫婦関係は最悪で、この先どうなるのだろうと悩みました。

 

きっと同棲している時に旦那に改善するようきつく話しておくべきでした。

 

その後はもちろん夫婦関係はぎくしゃくして、子どもと接している時もどこか上の空になってしまっていました。

 

それを見かねて母に言われました。

 

「完璧な人間なんかいない、雰囲気が悪くても毎日仕事をしてきっちり家に帰ってきてくれて、子どもの面倒もみてくれて、それだけで十分」だと。

 

当たり前のことだけど、自分も子育てに精一杯で旦那の気持ちも考えてあげれなかったんだと反省しました。

 

本当に嫌な所はこれからもその時その場で伝え、私がしてあげられる事はしてあげようと思いました。

 

仕事をしてしっかり子どもと向き合ってくれる事に少しは感謝をしていこうと誓いました。

 

産後のストレスもあったと思いますが、夫婦だからこそ話し合うべきだとおもいました。

 

管理人からの一言

結婚というテーマにおいては「明確な男女の違い」の色が濃く、人類が残した名言が物語っています。

 

結婚前には眼を開き、結婚してからは眼をつむっていることだ。

トーマス・フラー

 

結婚前には散々この人と決めたはずなのに、結婚後には目も当てられなくなっている。

 

結婚後は二人三脚のマラソンに近い状態です。

 

支え合って初めて夫婦として機能するのに、我慢できる所でお互いが我慢しないから完走出来ないのです。

 

 

妻には妻の、夫には夫の思いやりがあるのです。

 

それはペットボトルや衣服の片付けに現れるのでしょうか?

 

それは妻に注文をつけるときに現れるのでしょうか?

 

ゴミをどっちが出したから現れるのでしょうか?

 

料理を毎日作るから現れるのでしょうか?

 

それ単体ではないですよね?

 

日々の生活の所作が積もり積もった時に初めて思いやりという事を実感出来るのです。(よほど鈍い人でなければ)

 

それは命令したりされたりするものでは無く、真心から出る行動のことです。

 

 

どうか、自分の欲を相手に押し付けずに

 

どうか、相手の欲に飲み込まれないように

 

 

今後の夫婦生活に幸多からん事をお祈りしております。

 

-女性向けの記事, 家族・親戚, 幸せ, 皆の悩みを覗いてみる, 結婚


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly