仕事 仕事が辞めたい 皆の悩みを覗いてみる

【根性】泣いていた日々は無理矢理前向きになることで乗り越えた話

投稿日:

 

今回は根性と仕事のお話を語っていただきました。

それでは、どうぞ。

 

泣いていた日々は無理矢理前向きになることで乗り越えた話

とにかく仕事についてずっと悩んでいました。

仕事の内容についてです。仕事についていけなかったのです。

私は文系出身なのですが、縁あって理系の仕事につくことになりました。

 

私は仕事の基礎の基礎から分からない中、同期はどんどん仕事をこなしていき、すごく置いてけぼり感を感じていました。

私はよく「何でこの職種を選んでしまったんだろうか・・・」と思っていました。

会社の先輩からもたくさん教えていただいているのになかなか成長することができませんでした。

 

先輩はそんな私を見て、いつになったら成長するんだろうねと面と向かっておっしゃることもあり、申し訳なさや自分が出来ないことの不甲斐なさに悔しくて辛くて・・・。

「何で自分はこんなにできないんだろう。なんで他の人はできるんだろう。勉強もしているつもりなのに。」と悔しく思っていました。

 

先輩からキツくあたられることもあり、よくトイレに行って泣いていました。さすがに先輩の前では泣けません。

それでも会社の中では泣くのを我慢し、帰り道で人目もはばからず泣きながら帰っていましたね。

「なんでこんなことを言われながら仕事をしているんだろうか。なんでこんなにできないんだろうか。」と思いながら帰っていましたね。

 

仕事が辛かったけど逃げるわけにはいかない!

仕事についていけなくて辛かったのですが、逃げるわけにはいきません!

 

とにかく与えてもらった仕事を一生懸命こなすことに専念していました。といっても、単語が分からないので進みはとても遅いです。

仕事は定時で帰れるので、帰り道の図書館などで分からなかったところの勉強や資格の勉強をしていました。

このように努力をしても実っているんだか分からず、泣いている日々を過ごしていたのですが、ある帰り道、ふと思いました。

「泣いたって仕事が出来るわけじゃない。今日一日の出来なかったことを悔いるのではなく、明日からどう取り戻して改善するかを考えた方が建設的じゃないか。」と思うようになりました。

 

正直毎日泣きすぎて泣き疲れたのもありましたが、毎日毎日反省を繰り返している割に、次への一歩をどうするかを考えてなかったんですね。

そのことに気付いてからはほとんど泣かなくなりました。

 

怒られてしまったことも、次は同じ失敗はしないようにと心に決めて仕事をするようになりました。

すると、出来ないからといってくよくよしていたときよりも腹が据わったと言いますか、「よし!やるぞ!やってやる!ついていけないからってくよくよしないぞ!」という気持になれました。

どんなに怒られても、次にどうするか、ばかりを考えるようになったので、前を向いて仕事することができ、気持としてもすっきりした気持ちで仕事ができるようになりました。

 

管理人からの一言

 

根性だ。この世を上手く渡っていくには根性が必要だ。

それは才能なんかじゃなくて、ただ諦めないってだけ。

それだけで人間はより成長出来るはずなのです。

 

最近の子は~なんて言うつもりはないけど、根性のない人ってやっぱり一定数いる。

なんでって、やっぱり調べてからやって失敗するとか非効率じゃん?とか思ってるからで、基本的に失敗に対して、拒否反応があるからだ。

 

効率良く失敗しない方法を探しすぎるあまり、何も挑戦出来なくなってしまうとか、考え方に具体性が欠けていたり……うん、やめよう特大のブーメランを自分で作ることはない。

 

根性ってのは諦めるかどうかの話じゃなくて、成功するまで辞めないか仕方なく辞めるぐらいのレベルが丁度いい、それから私がこんなこと言うのは矛盾しているけど、「人から根性を付加」してもらうことは出来ない。

自分で気づいて根性としなければならない。

 

例えば「根性が身につくセミナー」とか、行っても効果無さそうでしょ?

「自衛隊」なら根性つきそうでしょ?

自衛隊に行くならそれなりの覚悟になるでしょ?

自分で気づいて根性にするってのはその覚悟のこと。

 

覚悟をしましょう。

仕事も、生活も、生死も、あらゆることを覚悟しましょう。

そうしたら踏み出す足も軽やかになるはずだよ。

-仕事, 仕事が辞めたい, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly