人間関係 仕事 問題解決法 皆の悩みを覗いてみる

【仕事の悩み】神経質の上司に悩まされた体験と解決策!

投稿日:

 

神経質な方っていますよね。

気になる部分が多すぎてこちら側が疲弊していくような……。

 

今回は「神経質な上司に悩まれた方」に語っていただきました。

どのようにこの問題を払拭したのか?一読下さい。

 

それではどうぞ。

 

 転職先の上司は神経質だった

 

転職を機に、新しい職場で心機一転新たな生活をスタートさせることになりました。

その職場というのも、人数はそんなに多くはない職場でしたが先輩が出産を機に退職なさるとのことだったので、その先輩のあとに仕事を引き継ぐことになりました。

 

その先輩は、とても丁寧に指導してくださり、分からないことばかりの毎日でしたがなんとかこなしていけそうだなと思うくらい丁寧に指導してくださいました。

仕事は、さまざまな方と接点がある仕事内容だったので、いろいろな人と関わり合いながらの仕事も楽しいなと思っていました。

 

 

そんな中、仕事の引き継ぎを行っているときに職場の上司からも仕事を指導してもらうことがありました。

その上司は、初めの印象はそんなに悪い印象ではありませんでしたが、仕事を指導してもらう中でだんだんとその上司の神経質さが浮き彫りになってきて、指導されていてもだんだん窮屈な思いをすることになりました。

 

その上司から指導されている最中は、少しでも仕事をミスするとどこがダメだったかと改善策のような小さいレポートのようなものを書かされることもあったので本当に気が抜けない日々が続きました。

また、神経質な上司は話し方も非常に理詰めで責めてくるような話し方だったので、指導される側もとても窮屈な思いをすることが多かったです。

 

そんな上司にいつしか悩むようになり、仕事に行くのが辛くなっていきました。

 

「この上司とこのまま付き合っていかなければいけないんだったら辞めたほうがいいのかな。」といった感情もありました。

その上司の顔を見るたびに心がざわつくようになってしまいました。

 

仕事以外で上司の事を考えている時間は「もったいない!」

 

そんな気持ちがだんだんと大きくなってきて、しまいには体に蕁麻疹が出てしまうことが何度かありました。

 

体にも拒否反応がでてしまうくらい、その上司が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

ですが顔を合わさないわけにもいかなかったので、毎日「これを乗り越えれば!」という気持ちで望むようにしていました。

 

ある日、友人と食事をしていて友人にそのことを何気なく話ました。

 

そして友人から一言「その上司と仕事以外では関わらなくてもいいんだから、仕事以外でその上司を考える時間がもったいないよ!」とアドバイスをくれました。

その言葉を聞いて「そうだよな!」と思い、それからその上司で悩んでいる自分と時間がもったいないと考えるようになり、悩むことを止めました。

 

それからは仕事でその上司と関わっていても、「その場だけ!その場だけ!」と心の中で呪文を唱えている自分がいました。

仕事は、何かとストレスが多いものです。

 

それを乗り越えていくのも、自分の心掛けの部分も大きいと思います。

嫌な人や自分とは考え方が合わない人なんてたくさんこの世の中にはいます。

 

さまざまな人とどのようにしてうまく仕事をこなしていくのかも、仕事を円滑に行うための大切なポイントなんだなとその上司から学ばせてもらったなと今では思っています。

 

管理人からの一言

 

どうしても合わない人って出てきてしまうんです。

人間の性質が色々あると思うんですが、磁石のSとNみたいな対極の人とかが存在しちゃうんですね。

 

仕事をする上ではそういう関係は逃れられませんから「どのように向き合うべき」かを真剣に考え、ゆるく結論を出す必要があります。

 

成長に向かわせてくれる厳しさもありますし、人間を潰そうとする上司もいました。

 

私も以前の職場で神経質な上司がいましたが、成長に向かわせてくれる「神経質」でした。

こういう細かい所に気をつけなければならない、なぜなら~。っと理詰めで伝えてくれました。

 

胃は痛くなりましたが、あの人のおかげで「仕事に対する新たな視線」が出来ました。

辛いかもしれませんが、そういう方の小言の真意を読み解くのもまた一興ですよ。

 

しかし、全員がそう思えないのも現状だと思います。

小言で精神にダメージを負い、全身蕁麻疹は障害罪ものです。

 

自分が許せる範囲や、社会的な常識は常に別に調べておき、上司の行動と照らし合わせると良いでしょう。

 

最も重要なのは「上司が言ったことが全てと思わない事」

 

上司が良い悪いは二の次です。

常に自分で調べること、友達や知人に聞いて感想を貰うこと。

 

上司が言ったことが全てならば、もうあなたは仕事で上に行くことは出来ないでしょう。

あなたは上司にはなれないし、部下に指示を出すことも出来ません。

あたりまえです、あなたは「考えませんので指示をお願い致します」と言っているようなものです。

 

あなたは何をすべきか、考えるのです。

 

常に考え、相手の事を思いやり、相手の嫌だと思うことを取り除いて、初めてビジネスとして成り立つのです。

 

そうした時に、上司の正しい言葉が理解出来るはずです。

-人間関係, 仕事, 問題解決法, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly