体質 皆の悩みを覗いてみる

若年代の「白髪」悩みを自分流に試して解決した話

投稿日:

今回は「白髪」にお悩みの方に語っていただきました。

それではどうぞ。

 

若年代の「白髪」悩みを自分流に試して解決

20代から30代40代にかけて増えてくるものがあります。

それは…「白髪!」

20代の頃は白髪があっても1本か2本でした。なので見つけた時は物珍しいかのように、「白髪だー、本当に真っ白で面白い」なんて呑気にじっくり見たりしていました。

でも30代の中場から40代に向けてどんどん増えていき不安がつのっていきました。

 

初めは「まあ、同世代と比べたらない方だ」と自分に言い聞かせていたけど、30代に入ると周りから「白髪があるよー」と言われて「えー!!どうしよう!わあ、沢山ある、抜いていたらハゲになるよ。こんなはずじゃなかったのにー」と1人白髪パニックになりました。

それでも「たまたま今回白髪が見えただけだ」と、自分で抜いたり他の黒髪の下にして隠したりしていました。でも隠しきれない白髪は日に日に増えていきます。でも本当に微妙な白髪の量で少なくもないけどめっちゃくちゃ多くもない。本当に微妙な年代の突入です。

「これ以上増えないでー」と願いながら外出は帽子をかぶったりして対処したのですが、「これからどんどん増えていく白髪に帽子で逃げてはいけない」と気持ちを切り替えて、いろいろネットで調べたりしました。そしていろいろ試してみました。

 

その1 とにかく抜く

見つけたら抜く。そんな事をしてたらハゲますよと美容師に言われやめます。

その2 美容院で染める

お金があるなら美容院で染めてもらうのが1番キレイで良いのですが、私みたいにあまりお金がない方は毎月は厳しいです。

その3 自分で染める

薬局に行けば沢山の白髪染めが売っています。手先が器用な方や沢山白髪がある方にはオススメですが、微妙に白髪がある、でも50代程の多さではない方や、手先が不器用な方には難しく感じるかもしれないです。

その4 ピンポイントの白髪染め

こちらも薬局などで購入出来るのですが、ピンポイントの白髪染は1本か2本の白髪でも染める事が出来るのでよかったです。沢山の白髪だと量が少ないので、コスパ的には少し考えた方が良いかもしれないです。

 

結果、白髪に悩んでいたのですが、1番の解決方を自分なりに見つけました。

2ヶ月や3ヶ月に1回は美容院に行ってプロの方に染てもらい白髪が増えてくる時期に入ると「シエロ コーミングカバー」を使ってピンポイント白髪染めをします。

そうすると周りから「白髪があるよー」と言われる事は減りました。周りに言われなくなる事が目標だったので「嬉しい、良かった」と思いました。

どこまでこのやり方でいけるかはまた歳を過ぎて白髪の多さにもよって、また変わるかもしれないですが、今の微妙なお年頃の年代にさしかかった私にはこのやり方でいこうと思います。

 

管理人からの一言

 

白髪!

 

私は今のところ白髪はありませんが、年齢を重ねていくとこうした問題が起こるのでしょうね。

肝に命じておきます……。

 

髪の毛の話ではこんな記事もありますよ。

↓↓↓↓↓

【反撃】わたしの人生はわたしが決める!派遣の職場のいじめで円形脱毛症

-体質, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly