体質 問題解決法 思考 皆の悩みを覗いてみる

【神経質】ストレスから引き起こされた体の異常を克服した経緯と気持ちの変え方

投稿日:2017年7月16日 更新日:

神経質は何かのきっかけでどうしてもそれが気になる、といった状態に陥ってしまいます。

今回はそんな神経質からストレスを感じ、体に異常が起こるまでを語っていただきました。

 

どうですか?あなたは神経質ですか?

 

もし少しでもそうと感じるなら、客観的に見てみるのも良いかもしれません。

 

それでは、どうぞ。

 

ストレスで引き起こされた体の異常の体験

初めまして。21歳大学三年生の男です。

 

タイトルの通りストレスで引き起こされた体の異常と克服の体験をここに書こうと思います。

 

20歳になる年の新年早々祖父が病院での検査中に心筋梗塞が見つかり、緊急手術を行いました。

 

その時、アルバイト中であった私は母からの「おじいちゃんが心筋梗塞で病院にいる」というLINEの内容でとても焦りアルバイトを早退して病院に向かいました。

 

倒れる前に見つかったので命に別状はなかったのですが、LINEの内容だけだったので祖父の命が危ないの一心でした。

 

助かったものの、昔から神経質な私は恐怖でいっぱいでした。

 

その日から自分の心臓をなぜか気にし始めてしまい、親友とも喧嘩、アルバイト先でも上司ともめてしまいアルバイトも辞めました。

 

バイトを辞めたその日から動悸が始まりました。

 

バイトを辞めたその日から動悸が始まった

決まった時間に必ず起こり、祖父のお見舞いで病院に行くのですが病院も嫌いなので恐怖のようなものを感じると必ず起こしました。

 

動悸の原因を調べると様々な病気の名前が並びます。私は一人で恐怖に陥っていました。新しいバイトも見つかりましたが、とても大変でそれもストレスになりました。

 

食欲がわかなくなり、新しいバイトを始めて5キロ体重が減りました。毎日動悸も治りません。

 

 

怖くなって母親に相談したところストレスだといわれました。

 

今までストレスなんて意識して感じたことなかったのでとても心身疲れていました。

 

神経質な性格からいろいろなことを気にしてしまい、何度も動悸を引き起こしていました。

 

 

しばらくすると10円ハゲもできました。とてもつらかったです。誰にも言えなくて一人で悩みました。3ヵ月くらい悩みましたがそのくらいになってくると悩むことに疲れます。

 

 

「なんでこんな目に俺が合うんだ?心臓の病気でもいい、このままハゲてもいい、とりあえず毎日楽しくしてたい」と思ってから動悸がその日から起こりません。

 

 

1か月するとはげていたところから毛が生えてきていました。

 

病は気からという言葉がありますがまさにそうだなと思いました。

 

病は気から

ですが学校での健康診断の内科検診は依然としてすごく恐怖を感じていました。

 

動悸を克服しないけど心臓に異常があったらどうしようという考えが頭の中で回っていました。

 

緊張して心臓バクバクで診てもらったところ精密検査に行ってくださいと言われショックを受けました。

 

なかなか病院に行けず、とにかく怖かったのです。

 

 

覚悟を決めて病院に行って結果を聞くと無害なものなので気にすることはないと言われ、動悸の話をしたところ先生に笑われました。

 

「気にしすぎですよ。若いんだから病気のことを考えないで楽しく日々を送ってください。何か感じたときは素直に相談して病院にすぐくれば安心できますよ」と。

 

確かにそうだと感じました。

 

その日から不安も消え毎日が楽しくなりました。

 

 

気にしすぎても余計苦しむだけだしストレスになります。

 

解決方法はすぐに相談、病院に行く、めんどくさくなるまで悩み切るだと思います。

 

これからは何かあったらすぐに病院に行こうと今は決めております。

 

管理人の一言

若い時は悩みは絶えないものですが、神経質なタイプで悩みが増えてしまうのは損ですよね。

 

そーさんはアホほど残業していた時期がありまして、その頃は動悸が命の危機レベルで起こっていました。

 

人間無茶は続かない、と学んでゆるゆると生きておりますが

 

悩むとか気にする事にも人間の許容量があるのだなと思います。

 

自分の許容量を理解し、気にすることと気にしないことを分別出来れば、

 

多少なりとも自制が効くものだと思います。

 

自分で自分にブレーキをかけることも必要なのです。

 

 

後はこの方はお医者さんに言われることで悩みから解放されました。

 

信用足り得る(この場合医学的に信用のあった)人物からの言葉というのが意味を持ちます。

 

もし、近くに神経質な方がいるのであれば「この人はこんな事言っていたよ」と直接では無く第三者を通して忠告するのも効果的です。

 

私の友人に神経質な人がいるので、信用出来るレッテルを持ってる方を利用してお伝えする。という説得も有効かと存じます。

 

それでは。

-体質, 問題解決法, 思考, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly