お金 仕事 仕事が辞めたい 皆の悩みを覗いてみる

転職で分かった!一生続けたい仕事を見つけるマインド

投稿日:

皆違う方向へ……どうするか悩むペン

 

「一生できる仕事」ってなんでしょうね?

私には一生を見通してまでやりたい仕事というのは見つけていませんが、一生の趣味なら出来そうです。

きっと天職というやつを見つける事が一番の近道だと思うのです。

 

しかし、そう簡単に見つからない。

世間はそう甘くない。

 

なんて考えになりがちです。

 

大切なのはそこじゃないだろう?

 

と思うのですがどうなんでしょう?

あなたは今回の記事でどう思うでしょうか。

 

「転職の難しさと、一生の仕事」について語っていただきました。

 

それでは、どうぞ。

 

転職で分かった!一生続けたい仕事を見つけるマインド

30代の転職は予想以上に上手く行かず、派遣で仕事をすることに

私は30代の時に転職しました。

しかし、転職活動が予想以上に長引いてしまい、その時に仕事やお金のことなどでかなり悩みました。

 

新しい職種の仕事に就くために、新たに進学して学びましたが、やはり経験が物をいう30代の転職では難しいものがありました。

私は地方に住んでいることから、自分が希望する仕事になかなか付けないという悩みもありました。

妥協をして、どこかの会社を受けても、やはり違うということで不採用になってしまいます。

予想以上に転職活動が上手くいかないまま、生活費がどんどんなくなっていきました。

そして、これ以上無職ではいられないという時に、とりあえず繋ぎで派遣の仕事をすることにしました。

 

派遣での「一日だけの仕事」を皮切りに仕事が始まった

登録した派遣会社から仕事の依頼があり、1日だけの仕事だったので受けることにしました。

数ヶ月間仕事をしていなかったのですが、1日だけの仕事から再スタートをしたことで、それが再就職へのきっかけとなりました。

無事に1日だけの仕事を終えることができ、ホッとしていたところに、別の仕事の依頼が来ました。

それは自分が希望している仕事ではありませんでしたが、1か月更新の仕事だったので、本命の仕事を探しながらその仕事ができると思いました。

何となく就職の流れに乗ったような感じで、1か月更新の仕事を始めました。

仕事と平行に引き続き転職活動を行いました。

 

1か月が過ぎた頃、以前やっていた仕事のスキルを活かせて、さらに新たな職種にも関係した仕事を見つけました。

すぐにその会社へ行き、面接を受けました。

私のやる気を買ってもらえたのか、その場で即採用となりました。

それから1か月更新が終了し、新しい仕事に転職しました。

「新たな職種に関係した仕事に就くまでに、かなりの時間がかかってしまったな」、と思いました。

 

転職は楽じゃなかった、

職種を変えることの難しさを知りました。

この経験を通して、できれば最初の就職で自分が一生続けたい仕事の道筋を作っておくべきだと感じました。

また、今後は職場を変えても職種を変えずに、同じ職種でスキルを上げていきたいと思いました。

私の中では職種を変えるのは30代が最後だと思っていたので、それに間に合うことができて良かったと思っています。

現在は40代で、もうすぐ50代に入りますが、職場は変わりましたが30代から同じ道筋で仕事を続けています。

仕事の悩みは生活にも関わってくるので、人生においてもかなり重要なことです。

その分、なかなか答えが出なかったり、道が開けなかったりすることがあります。

しかし、心の目をしっかりと見ることで、一筋の光が見えてくると思います。

その光を追い求めていくことで、自分らしい生き方ができるのではないかと思っています。

仕事はどうしても世間体を考えてしまいがちです。

人からどう見られているかではなく、自分が何を求めて仕事をしているのかが重要だと思います。

 

管理人からの一言

仕事の選択は自由かつ奔放であれ

私は仕事に対する考えは「自由かつ奔放であれ」という主義なので。

自分の人生に合わせた仕事であれば正社員だろうが、派遣だろうが、アルバイトであろうが良いと思います。

 

この方の言うとおり、仕事はどうしても世間体を考えてしまいがちなのは事実です。

仕事の選定はかくこうあるべき、とか考えがちです。

仕事は年齢が増えていくと転職しにくくなる、とか考えがちです。

仕事だから……と諦めてしまっていることもありがちです。

 

あなたは何がしたい?

 

そうではなくて、「自分は何がしたい?」という部分がどんどん削り取られて就職してしまっている方が多く見受けられます。

自分はどれを重要視するのか見極める時、同時に我慢するべき所も同時に決めてしまうからでしょうね。

 

私は「何の目的を持って生きるか?」という部分があらゆる活動の根源にあると考えます。

 

人、お金、時間、世間体。

仕事を始めるとこうした問題がグルグルとめぐりますが、それよりも「あなたが何をしたいの?」という部分をないがしろにしてまで就いた仕事は「一生続けられる仕事」になりえるでしょうか。

そうした意味でも、この方は「最初の就職で自分が一生続けたい仕事の道筋を作っておくべきだ」と忠告してくれたのです。

 

一番最初の職業で一生続けていく人はまれです。

であるならば、次のやりたい職業のことも考えて仕事の道筋を作っておくべきなのです。

 

そんな事を垂れ流しつつ、最後の問いかけです。

あなたは何がしたい?

-お金, 仕事, 仕事が辞めたい, 皆の悩みを覗いてみる


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly