お金 人間関係 仕事 問題解決法 皆の悩みを覗いてみる 自己啓発

夢を追って、自分が何をしたいのかわからなくなってしまった時の金言

投稿日:2017年7月23日 更新日:

今回は「演技の世界で夢を追う方」に語っていただきました。

私は演技方面の知識に明るくありません。

 

演技の仕事をしている人からちょろちょろと話を聞くぐらいです。

しかし、その中身については現場の空気感は立ち会った人でなければ感じることが出来ませんよね。

 

今回はそんなリアルなお話です。

 

それではどうぞ。

 

 夢を追っていたはずなのに、気づけば何をしているかわからなくなった

僕は31才の男です。

上京して演技の勉強をしつつ、ライブ活動、ナレーション、舞台など色々なことをやってました。

 

現場などで様々な人と出会いました。

演技の業界は演技力よりも重要視されるものがありました。

 

それは重役にどれだけ媚を売れるかということでした。

 

自分を営業するという点では必要な点かとは思います。しかし、その方法が過剰な要求にも応えるという事では無いと感じました。

察しはつくと思いますけど、重役が男ならば女の子の方が圧倒的に有利だって事です。そこから過剰な要求と言ったら決まってますよね?

 

男である僕が男の重役に取り入るためにはひたすら低頭して言うことを聞くことしかありませんでした。

それでも新しく入ってきた人が女の子ならばそちらにとられました。これは悔しいでは無く怒りを感じました。

 

そんな疑問を持ちながらも数年やり続けたんですけど、あっちを立てればこちらが立たずの板ばさみ状態の時もありました。

そのうち思いましたよね、自分は何がやりたかったんだっけ?

 

ただ演技がやりたかったって気持ちがどんどん薄れてくるのが分かったんですよね。

年単位かけてお金を貯めて、上京後も日夜アルバイトに追われ、やりたい事に対してもストレスを感じ始めました。

 

夢も悩みになってしまいました。何でこれをやろうと思ったのか、生活出来る程のギャラを貰って楽しく暮らしたかったのか?

逃げ口上だと思います。でも自分が納得出来る答えをしっかり出そうと思いました。

 

同じ夢を持つ人にそれとなく聞いて回りました。

警戒されないように軽い口調で「そういやなんで業界目指そうと思ったん?」

 

プロダクション所属の友達は「なんでやってるんだろうね…」と同じ様な事を考えてる人がいました。

養成所に入りたての人は「憧れの人がいるからその人と演技したいと思った。」と目を輝かせて言ってました。

地下アイドルの人は「何かしら活動をしてないと不安だから。」自分をその環境に常に置いておこうとしてました。

 

 自分が好きでやっている、好きな時に好きなだけ好きなことをする

僕の中で一番心に響いた事を言ってくれた人がいました。

それはライブ活動で知り合ったアーティストでした。

 

その人は「自分が好きな事をやってる。だから好きな時に好きなだけ好きなことをやってる。」

出演料を払ってライブに出て歌って、その行為が楽しいんだって、だから後ろ見ながらやってる訳じゃなくて次に何やりたいかって事ばっかり考えてるんだって。

 

そうか、やりたい事は自分の好きな様にやればいいんだ。

 

有名になりたい訳じゃないと言えば嘘になりますが、自分を殺してまでやった上に成り立つ崖っぷちの成果より、自分についてきてくれる人が居ればそれでラッキー、一人でも居れば幸せなんじゃないか。

 

そして僕は個人活動を始めました。自分で何が出来るか探して楽しく活動しております。

 

夢を諦めた訳じゃありません。今、夢を自分の一部に出来た事に達成感があります。

 

 管理人からの一言(まとめ)

夢を追う価値について

あなたは夢を追ったことはありますか?

私は恥ずかしながらありません、自慢できるような特技もありませんし、人脈も優れているわけではありません。

 

平たく言えば無能です。

無能な私ですが、このたび夢を見ることにいたしました。

 

このサイトが10万人に見てもらえるサイトにするという事です。

 

無能な私がなぜこのような夢を持つようになったか。

理由は簡単。楽しそうだからです。

 

それ以外の価値がありますでしょうか?

 

夢を諦める価値

 

夢は往々にして達成が難しいものです。

大きな夢を見すぎて、叶わなかった。

 

夢が人数制限のついた狭き門だった。

努力が出来なかった。

理由は様々でしょう。

 

そこで諦めてしまうという事があります。

 

「諦めるな頑張れ!」なんて言うつもりはこれっぽちもありません。

「諦めてしまえ、その程度の夢だったのだ」とでも言うと思います。

 

諦めるというのは贅沢な選択です。

追うことも出来ますし、追わないことも出来る状況下での選択ですからね。

 

好きになさると良いでしょう。

諦める選択をする前に一度考えてほしいのですが。その選択は「楽しそうですか?」

 

楽しそうならその方向に突き進んで行くべきです。

勘違いしないで欲しいのは「楽(らく)そう」では無くて、「楽(たの)しそう」が重要なのです。

 

楽で簡単な道は達成感が得られません。

達成感が得られないと、自分が「こんなスゴイことが出来た!」という承認欲求が得られません。

承認欲求が得られなければ満足出来ないですよ。

 

 

夢を追うというのは大変なエネルギーを使う行為です。

是非とも自分の人生を捧げても良いと思える夢を見つけて下さい。

 

きっと楽しくなるはずですよ。

-お金, 人間関係, 仕事, 問題解決法, , 皆の悩みを覗いてみる, 自己啓発


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly