幸せ

【幸福とは】好きなことを追い求める事が幸せに繋がるか

投稿日:

繋がると思います。というか人生の命題は「如何に楽しく生きるか」というすごくシンプルな答えです。

そういった人のための記事になります。

 

人生の道中、色々な問題に出くわしたときもあなたなりの対処法で切り抜け、自立出来れば最高です。言うことないです。

万人がそんなこと出来ていたら問題は無いわけですが、どうにも社会的な考えに染まると保守的な解答しか出なくなるのでいけません。

「楽しく生きる」って相当高いハードルのように感じているのであれば、いったんそんなことは無いと自分に暗示をかけてください。

前に進む意志を獲得するためです。

 

所でわたしたちは偉人たちの数多くの偉業で固められた現代に立っています。

偉人たちはどうして偉業を成し遂げたんでしょう?

 

アインシュタインの例

例えばアインシュタインはこんな名言を残しています。

私は、それほど賢くはありません。

ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです。

アインシュタインは好きなことで一生のほとんどを費やすことが出来たのは非常に幸運だったと思います。

彼なりの苦労のあった人生ではあったかもしれませんが、大好きな科学と過ごせたというのは間違いなく幸運でしょう。

幸運と言っているのは彼の環境の話です。

もしも、彼がアフリカの奥地で生まれたとしたら全く別の生き方をしたでしょうし、今日の科学の発展に遅れが出ていたかもしれません。

そのぐらい大きな要素として環境は挙げられるのです。

 

しかし、アインシュタインは小学校の頃、『問題児』や『劣等生』として扱われていたのをご存でしょうか?

勉強が嫌いで小学校の先生にも見込みがないと言われたほどでした。

学友たちは彼を知恵遅れと馬鹿にしたといいます。

彼はこの何十年後、世紀の天才科学者と呼ばれるようになりますが、これはご存知でしょう。

 

以上のような背景から、彼のこの名言は環境や境遇は関係ないといった力を感じます。

とにかく、彼は一つ大切な証明をしてくれました。

「楽しく生きる」とは「好きを追い求める事」であるという事です。

 

あなたの例

一方であなたはどうでしょうか。あなたは好きなことを追い求めるでしょうか?

追い求める人はそれを一生続けられるでしょうか?

追い求めない人は追い求めないことを一生続けられるでしょうか?

 

あなたが好きな事を追い求める時、そこには情熱や楽しさが生まれると思います。

しかしながら、一生続けられる事、一生を賭してしたいことをする。これは並大抵事ではありません。

「普通に生きて普通に死ぬ」なんてことは不可能なのです。挫折を味わい、苦渋を飲み、辛酸を舐める人生だってあります。

大小ありますが、ドラマティックな人生を送っています。ドラマティックな人生を悲劇的にするのか喜劇的にするのかは、あなたの気の持ちよう、精神的な強さであったり、情熱的な部分です。

もしやる気のない事をダラダラと続けているようなら苦痛です。

しかし、「夢のため」と割り切れるならそれは立派な未来への投資です。

 

心に灯った情熱を燃やし続けるということは非常に困難です。

どこかで、これと決めたものに一生を賭ける事こそが幸せに生きる条件なのではないでしょうか。

それは仕事かもしれません、趣味かもしれません。もしかしたら、アインシュタインのように常識から逸脱している分野かもしれません。

私はあなたが思い描くものに情熱を傾けて、そして燃やしてくれる事を願ってやみません。

-幸せ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly