お金 仮想通貨

仮想通貨取引所コインチェックのXEM(ネム)が580億相当が不正送金!?

投稿日:

どうしてビットコインはコインチェックが良いんだよ!兄さんは知らないんだ!

と出川氏のCMでおなじみのコインチェックですが、恐ろしい事についにハッキングされてしまいました。(やばいよやばいよ)

 

仮想通貨のハッキングで引き出された過去最高額、580億円分のXEM(ネム)という事件に発展しています。

まだ事件直後で何が起こったのか私も深くまとめられていないのですが、速報というかたちでお伝えいたします。

出来れば刻みたくなかった歴史の1ページですね……。

 

※情報が錯綜しておりますので、間違えている部分があればご指摘下さいませ。

事件概要

コインチェックのシステムアラートにより、大金が減っている事が分かった。

2018年1月26日の午後3時頃にコインチェックにてネムが不正に送金されている事が発覚、と同時にBTCのトレード以外はサービス停止。

 

市場のXEMの状況

3時:市場でスタンバっていたトレーダーが売却→一次暴落。

4時:暴落を確認した第二陣が更に売却→二次暴落

5時:アフターファイブでサラリーマン達もこの異常事態に気づく→落ちる

しかしこれらはコインチェック以外のお話である。

 

肝心のコインチェックは出金と取引が停止されたためユーザーは何も出来ない。

ちなみに日本円の出金も止めており、ユーザーは日本円すら取り扱えないようになっている。

(入金は可能なのは酷いと思う)

 

コインチェック側の説明

※()内は私の所感や補足。

・XEMだけが重要な不正アクセスを受けていた。

・被害額は580億それは全て顧客の資産。(コインチェックは顧客の資産を運用することはないと以前は説明していた。)

・金融庁と警視庁に報告

・国外取引所とNEM財団にも連絡済み。XEMの追跡と換金できないようにお願いしている。(NEM財団からのロールバック・HFのような「救済措置はない」)

・BTCのトレード以外はサービス停止。(検討中という言葉の一点張り)

・コインチェックがXEMを保管していたウォレットがマルチシグに対応してなかった。(マルチシグに対応していればこのような事件は防げた可能性がある)

・コインチェックのビットコインとイーサリアムはマルチシグだった。(ん?それは変だな。つまりは対応出来たはずの対応をしてなかったということか?)

・コインチェックは人材不足でセキュリティの強化が今日の事件までに間に合わなかった(ふむ、どうにも噛み合わない。)

 

そーさんは考える

私は考えます。

どうしてこうなった!

いや、まあ簡単なんですけどね。

セキュリティが杜撰すぎたんでしょうね。

金融庁の認可が下りていないのも納得がいきますね。

 

ホットウォレットはあかんわ

そもそも、顧客のXEMウォレットがホットウォレット(常に送金が可能)になっているという点でかなりカオスな状況です。

恐らく顧客のXEMでマスターノード+ハーベストしてたんだろうなぁ……と邪推いたします。

ジャブジャブ稼ぐためのマスターノードを根こそぎやられたんでしょう。しかもそれが顧客の奴。

これは酷い。

 

マルチシグも疑問だわ

マルチシグについて、いくら技術力がないって言っても、少し調べれば記事(外国含む)がゴロゴロ出てきたのでマルチシグについてできなかったという言い分も疑問が多いです。

結果お金欲しさにセキュリティを後回しにしたというのが私の予想です。

 

今後のコインチェックの予想と仮想通貨業界

結果として何が起こるか?

コインチェックの買収・倒産が起こり得るでしょう。

倒産の場合は最低最悪のケースになります。

コインチェックは返済能力なしで破産、顧客にお金は戻りません。

会見の様子を見るに、ちょっと厳しいかな……。(コインチェックユーザーは覚悟を決めて)

 

笑うのはXEMをハッキングした犯人だけ。

こんなのがまかり通って良いのか。

 

あれこれ言ったけど勘違いしないで欲しい事

私はコインチェックユーザーでは無いですが、あまりにも大きな事件のためこのように記事にいたしました。

またコインチェックにかぎらず、あらゆる取引所・販売所で同様の事件が起こらないとも限りません。(他の日本の取引所もこぞってセキュリティ強化に乗り出すでしょうね)

 

ですが、ブロックチェーンはわるくねえ!

「盗まれた宝石の価格が下落している」と聞いたら変に感じるでしょうが、それが起こっています。

XEMの真価は価値は変わってません。(私は持ってないのでポジトークでもなんでもないです)

 

即ち、仮想通貨の「真価」は落ち込んでいません。これだけは言っておきます。

 

まだまだ不完全でルール無用な部分の多い仮想通貨業界ではありますが、伸びしろは十分あると思います。

こうした事件にめげず成長していって欲しい業界であります。

そんな思いを込めながら今回の記事を終わりにしとうございます。

-お金, 仮想通貨


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly