コラム 勉強 幸せ 思考 自己啓発 雑記

努力と才能、優れているのはどっち?

投稿日:2017年11月4日 更新日:

こんにちは、そーさんです。

今回はタイトルの直球。

「努力と才能、優れているのはどっちか?」という事について語ってみます。

と思わせて、先に言っておきましょう。

努力と才能に優劣などない。

それでは、それはなぜなのかネチネチと遠回しに語っていきましょう。

 

◆努力は裏切らない……のか?

努力は裏切らないのか?

過去にはこういう意見の記事もありました。
興味があればどうぞ↓

 

努力には、確かにそういう側面もありますよ。

ただ、それだけじゃすまない。

それだけでは終われない。

 

努力に裏切られる人もいるでしょう。そういった人に投げかける言葉は決まって「努力が足りていない」だ。

それってどうなんだ?

どのくらいやったらいいか分からないのに、「裏切る」という表現は適切じゃない。

さながら宝くじのようなものだ。

買わなければ当たらないが、買っても大抵当たらない。

そんな調子だ。

 

そんな状態で無辜に「努力しなくちゃ!」と多くの人が思っているのがなんとも心苦しい。

あえて辛辣に言いますと、努力は簡単にあなたを裏切る。

それでも強要されるが努力だ。

 

◆才能を持っている奴はいいよな……

こうやって努力についてあれこれ辛そうなこと言うと、「やっぱり才能か……」とかぬかす輩いますが、努力と才能は関係はないです。

もう一回言いましょう。

努力と才能は関係ない。

「努力と才能」は比べる対象を間違っている。

「物体の重さ」と「命の重さ」を比べるぐらい「質が違うもの」を計っているようなものです。

 

◆なんで才能は努力とは関係ないの?

なんで才能と努力は関係ないの?と思われた方のための補足をします。

 

例えば才能がある天才ってどんな人のことでしょう。

パッと思いつく人は、アインシュタインとかエジソンとか、歴史に名を残す偉人ですよね。

彼らは才能のある天才だったのでしょうか?

 

いや、バカにはしてません。間違いない天才です。

しかし、彼らが自ら「自分は天才だ!」と呼称したのでしょうか?

答えは否です。

 

周りから認められたから天才と呼ばれています。

才能があったらから呼ばれたか?と言われれば彼らはそんな言葉を残していません。

努力そして継続こその成果だ、とそんな意味のような言葉を残しています。

改めて紹介するまでもないでしょうね。

 

『すなわち、才能があったから、天才になれるという訳ではないのです。』

 

じゃあ、死ぬほど努力すればなれるの?と問われればそれも違います。

 

「はぁ?何いっちゃってんの?敵を増やしたいの?」

残念ながら、死ぬほど努力しても天才にはなれません。

ご説明いたします。

 

◆努力しても天才になれない!?

多少誇張しましたが、おおむねその通り、死ぬほど努力しても天才にはなれません。

なぜなら天才に必要なのが「死ぬほどの努力」単品ではないからです。

 

その物事に対する愛とも呼べる、執着が出来ていないと天才とは呼ばれません。

そして熱中した物事を「楽しい」と思う事。

楽しいことを正に狂ったように継続できなければ、天才とは呼ばれません。

 

多少勉強が出来るとか、そういったレベルではないのです。

 

淡々とだけど情熱をもって物事に取り組む事を「才能」と言い。

努力とはこの才能を追いかけるための意識的行為であり(しかし、才能を超えのもまた才能となる)、また、努力とはそれが出来ない人の言い訳として使われます。

そういうわけで努力と才能は性質が違うのです。

努力→天才は結びつくようでちょっとズレているのです。

 

◆じゃあ努力しても無駄だね!低燃費に生きよう!→ちょっと待てい!!

「じゃあ努力しても無駄だね!低燃費に生きよう!」

ちょっと待て!ふざけるなよ?

私が忌み嫌っているのはこういう連中だ。

特に努力、いや努力しようとする気すらないような人が嫌いだ。

 

こういうスカした人に動いてもらいたい。

行動してほしい、そう思っている。

あなたがもし、やりたいことを我慢しているなら、どうか自分のやりたいことには正直であってほしい。

 

努力が価値がないということにならない、ただ「努力」単品だけじゃダメだし、それに伴って「熱中」することを付けたすと良い。

あなたが「努力してもいいな」ってことがあってそれを「熱中出来る」のであればそれは「才能」なんですよ。

このまま、好きな事もしないでダラダラと生きたいなら別に止めはしませんし、出来ません。

しかし、せっかく生きているうちに私の文章を読んでくれたんだから、どこのだれだか知りませんが、私の考えを伝えておきたい。

 

生きるのは高燃費で効率が悪くて、ダサくてかっこ悪いものですが、その膨大なエネルギーを向ける矛先がみんなのためになるんだったら最高じゃないですかね?

私が文章を書くエネルギーが少しでも伝搬すれば幸いです。

 

◆まとめ

まず努力とか才能とか気にしている人は「凡人」で間違いない。

努力も才能も優れていない。

そういう事柄があるってただそれだけ。

 

努力してもしなくても、それはあなたの勝手。

だけど努力しなかったんだから「あの人は才能があるから」とか軽々しくのたまうのは止めましょう。

その人なりの苦労も苦悩もあるし、何より努力せずに大成した人はいませんから。

 

それよりはあなたが何かに熱中してその取り組むこと方が良いと思います。

(どうすればたくさんの人に伝わるか分かりませんが、言いたい事はこれだけです。)

-コラム, 勉強, 幸せ, 思考, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly