コラム 雑記

【人間の弱さ編】管理人・そーさんが思うこと

投稿日:

そーさんは優しい人間ではない

こんなサイトを立ち上げておいてなんですが、私は誰彼構わず助けたくなる性分ではないです。

辛い辛い言っているだけの人には「そのまま苦しんで欲しい」とすら思っています。

 

不平不満を口にするだけの人にもそのまま不平不満を感じる環境に居続けて欲しいと思っています。

あなたが苦しむのは勝手だが、前に進みたいと思うなら応援します。

 

私が出来ることは悩みを聞く事と、過去何十人と聞いてきた悩みからこんなことがあったよ、と解決策まで提供出来る事です。

 

前に進みたいと思うなら、進ませてやれるようにする。

それがうつ病だろうが、片足がなかろうが、親しい人が亡くなった人だろうが関係ないのです。

 

でも困難に直面した時に弱くなってしまうのが人間です。

 

人間は弱い、弱い人間

人は失敗する可能性や未知の事象に対してためらいがあります。もちろん私にもあります。

だからと言って始めない理由にはなりません。

とにかく始めてみるしかないのです。

 

後ろ向きな行動かもしれません。

例えば、仕事を辞める事。

 

仕事を辞めるとき、収入を気にする人が大半だと思いますが、

自分の精神の事を考えて辞めていく人は少ないように思えます。

 

自分の精神は数値で見えないものは考慮に入らないのでしょう。

お金は数値化出来ますので、そこに集中してしまうわけですね。

 

ですが、どうでしょう。

同時に自分の時間に対する考慮についても考えていない人が多いのです。

仕事で毎日残業してわずかな時間で自分の生活を送っている人が多いのです。

もちろん悩みとして愚痴がこぼれます。

「仕事が辛い」「仕事が辞めたい」

 

でも、辞めるのはほんの一握りです。

辞めても他職業なんていっぱいあるのに、一握りなんです。

収入でしょうか。

収入だって平均を見れば月数万円の変動しかありません。

なのに仕事を辞めることが出来ません。

どうしてでしょうか?

長年私を悩ませてきた課題でしたが、ようやく理解出来ました。

 

 

「めんどくさい」の威力と後遺症

めんどくさい。

私が忌み嫌う最低最悪の言葉です。

めんどくさい。

私が昔よく使ってた言葉です。

めんどくさい。

今は私がよく聞く言葉です。

人間の大半はものぐさです。

めんどくさがりで、即時利益にならないような事が苦手です。

現金な生き物なのです。

 

例えば、読書の習慣をつけようと「やる!」と思いたって行動することは素晴らしいのですが、私の経験上、十中八九持続力がなく、失敗します。

やる!と決めて動くと同時にやらなければならないという斥力を生むことになります。

やらなければならないことは「めんどくさい」のです。

 

めんどくさいはありとあらゆる生産活動を地の底まで落とすことが出来る魔法の言葉です。

一度使えばやる気を殺し、二度使えばやるという発想を奪います。

そんなわけで、やる!と決めた習慣が出来ない場合は無意識のうちにめんどくさがっているわけです。

 

めんどくさいを野放しにすると死ぬ

私が怠惰にまみれた生活と長時間残業とストレスで人間としての機能を停止していた時のお話をしましょう。

プロフィールでも書きましたが半分ブラックの会社にいました(過労死ラインをギリギリ超えるか超えないぐらいの残業時間でした)

連日の罵倒とミス出来ないプレッシャーで完全に日常がおかしくなっていました。

 

休日には「何もやる気がしない」動く気になれない。

めんどくさい、と感じると同時に動くことがストレスに感じてしまう。

ご飯もおいしくない。欲しいものもない。お金は溜まっていきましたが、安心感はむしろ下がりましたね。

友人は幸いいました。友人と話すと彼らの充実した生活(のように感じる)に自分とのギャップを感じたのです。

 

服装もご飯も家事も無頓着になっていきました。

着れればいい、食べられればいい、めんどくさい。

 

そんな生活が数年たったころ、精神と肉体の乖離が起きます。

肉体は「全然まだまだいけるよ!」と元気なご様子。

精神は「人生めんどくさいし死のう」ともうアレな感じです。

精神と肉体が話し合った結果「元気なうちに死のう」と脳が命令してきたのです。

 

やがて私はホームに降り立ち……。

 

まぁこうして文章を書いているわけですので、死ぬことはなかったのですが。

そのぐらいまで追い詰められたんです。

 

仕事じゃないです。

自分に追い詰められたのです。

 

肉体的には辛い仕事ではありませんでした。

しかし精神的にはズタボロでした。

「体は資本」とは言いますが、「精神も資本」と付け加えさせてください。

マジなんだからしょうがないでしょ!

 

こうして友達にも言えない事を情けなく生き恥をインターネットの海にぶちまけています。

ただこうしてぶちまけているのにも理由があって、死の淵に立った人間は強くなるのです。

サイヤ人的な強さじゃないです。

学習して現実に戻ってきただけです。

「人間は精神の弱い生き物である」
「人生はめんどくさいという怠惰で構成されている」
「多くの人間が自分の怠惰を責めている」
「しかし治らない、直らない」

私が死の淵まで学んだめんどくさいという最低最悪の言葉の効果です。

めんどくさいを野放しにすれば死ぬまであります。

 

そーさんは現実主義者です

めんどくさいはNO!

行動は最高!

と言い続けるつもりですが、現実的ではない行動をとっている人間には厳しいです。

 

お金を借りてまで毎日パチスロにのめり込む人に対しては「もういかないという言葉の信用」はしません。

恋人に依存し、リストカットする人に対しては「もうしないという言葉の信用」はしません。

信用の無い人生は価値がありません。

 

あなたも「言葉での信用の薄さ」についてはなんとなく理解しているのではないでしょうか。

「言葉だけで信用される」事は並大抵の事ではありません。

 

「もうしない」という言葉を信用させるためには「本当に一生しない」事が要求されるわけです。

可能でしょうか?

 

これって、「やる!」って決めた事が出来ない現象と似てませんか?

結局「やらなければならないこと」とすり替わってしまっているのです。

 

先ほどの話をもう一度すると、

やらなければならないことはめんどくさくて出来ないわけです。

 

もうね、思い立ったが吉日とかいうけど人間には持続力が、モチベーションが無いんですよ。

だから始めても続かないと肌感で分かっててそれが始められない原因ではないかと。

そう思うわけですよ。

 

そんなわけで私は「~をします!」という宣言を現実的にみて信用出来ません。

「やった!」なら使っていい!

 

じゃあどうすればめんどくさくなくなる?

めんどくさいを野放しにすると死ぬから、やろうとしてもめんどくさいに襲われる。

一体どうやってこのめんどくさい地獄から抜け出せるのか?

あらかじめ断っておきますが、そんなもんは無い!

あるならとっくにやってます。

 

ただ、めんどくさいと共存することは可能です。

あなたが心から楽しんで遊んでいるとき、めんどくさいと感じるでしょうか?

友達とのゲーム、スポーツ、恋人との会話、趣味の読書、音楽。

楽しいと思えることを一つ選んでください。

 

それはめんどくさいでしょうか。

たぶんですが、めんどくさくないんじゃないでしょうか?

 

「楽しむときだけはめんどくさくない」

そう、遊んでいるときや楽しんでいるときはめんどくさいと思いません。
好奇心を犬のように追っかけているこの瞬間こそ価値ある時間になるわけです。

しかしながら「仕事楽しい」人はごくわずかです。
仕事を楽しくするための工夫というのは現在研究中の課題につき、ここで述べることが出来ません。

その他の部分を楽しくするための策を講じるべきです。
そして楽しくなった部分を拡張して、仕事などに転用していくのが良いのかなと思います。

 

例えばですね。

「スポーツが好きやねん」→「仕事が営業やねん」→「営業で走れるの楽しいねん」

「読書が好きやねん」→「仕事が接客業やねん」→「読書の知識を使って接客したんねん」

「ゲームが好きやねん」→「仕事が事務やねん」→「仕事の効率をゲームに見立てたんねん」

こんな具合に無理やりにでも自分の趣味と連結させていく工夫がなければ楽しくないでしょうね。

–結局どうすればいい(まとめ)

・めんどくさい、という怠惰の魔法はなくならない
・めんどくさいを軽視し、放置すればゆるやかな死が迫る(実体験)
・やる!と決めた事はよほどの事が無い限り「めんどくさいの魔法」により持続できない
・やる!と決めたことは「やらなければならない」という無意識の魔法により制限される
・めんどくさいを打開するには行動するほかない
・めんどくさいを打開し、行動するためには強制力のない遊び・楽しみと紐づけて行動するほかない。

・【結論】楽しいと感じることをしろ!動け!

 

あなたが怠惰の沼から這い上がれることを期待しています。

出来れば、このサイト見て這い上がったよ!なんてなってくれると私は超楽しいです。

よろしくお願い致します。

-コラム, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly