コラム 幸せ 自己啓発 雑記

【ネガティブ対策】負の感情に支配されないための記事

投稿日:

◆ネガティブの原因ってなんだろう?

どうですか、疲れてますか。

お疲れ様です、そーさんです。

「毎日毎日仕事でうんざり」
「テストばっかりでうんざり」
「だらしのない夫にうんざり」
「うんざりうんざりうんざり」

世の中の声を聞けばだいたいうんざりしてます。

うんざってます。

 

世の中の負の感情が蔓延しているのはいつものことなのですが、こうした感情の歴史は古く、紀元前よりあったと考えられます。

人類の歴史はうんざりと共にあるのです。

まぁただ、うんざりしているだけでは成長がありませんので、対策の開発、研究がされています。

 

ですが、世の中から声が消えることがないです。

なぜなんでしょうね?

私は本に効果が無いから、という結論には至りませんでした。

本には悩みを解決できるだけの力があります。

事実、歴史の偉人たちの本は多くの悩みを解決してきました。

だとすればネガティブの原因はなにか?

 

それは「次の悩み」です。

 

◆ネガティブの原因とは次から次へと溢れてくる悩み

人間として生きている以上、悩みがないなんてことはありえません。

勉学に悩み、人との交流に悩み、お金に悩み、健康に悩み……。

 

人生の悩みは尽きることはありません。

尽きないからこそ、負の感情は無くならないのです。

無くなることはないのですが、減らすことはできるはずです。

 

話は変わるんですが、ゴリラがうつ病になるって知っていましたか?

ゴリラはその高い知性を持っているが故に悩み、うつ病を発症してしまうのです。

 

悩みとは高い知性の表れなのです。

でも、勘違いしてはいけませんよ高い知性を持っているからうつ病になるのであって、うつ病になったのだから高い知性を持っている訳ではありません。

うつ病になったから高い知性なんだ、というやつはただのアホです。

 

人間であるならばその高度の知能を利用してうつ病を回避しようではありませんか!

そのほうが建設的でしょう?

 

◆その悩みを『倒す』ためにすること

これは単純明快。

悩みの客観視と客観視によって行動を起こすのです。

意味がわからんて?

よし、説明していこう。

 

私はいつも「客観的に見る」事の重要性を説いています。

あなたがもし「仕事が毎日辛いなあ」と思っているのであれば、同僚や友人を客観視するところから始める。

「○○(相手の本名を入れてね)は仕事が毎日つらいと思っている」と考えるんだ。

「○○(相手の本名を入れてね)は仕事をこうすれば改善する」

などの解決策を出す。仕事を辞めるとかでもよい。

思いつく限りの改善策を出す。

 

あなたが仕事が辛いと相談された時にどう返すか想像してほしい。

そして最後に「○○(自分の本名を入れてね)は仕事が毎日つらいと思っている」と考えるんだ。

最後に自分の悩みと突き合わせる。

 

あなたは飛びきり良い解決策を思いつくかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

問題はそこじゃなくて、他人の問題を考えているときの方がすっきりと考えられたんじゃないか?という点。

自分の悩みというのは、ノイズが多くなりすぎていて、「仕事以外の点」についても考慮してしまいがち。

一旦他人に置き換えて考えるというのはノイズを消すという意味においては非常に有効ですよ。

 

◆改善策を元に行動を起こす

そう、結局はこれ。

行動を起こさなければ状況は改善しない。

どんなに優秀な人に完璧なノウハウを教えてもらっても自分で動かなければ価値が無い。

どれだけ崇高な思想を持っていても動かなかったら価値が無い。

 

もしも坂本龍馬が思想だけを周りに語る人だったら、この世は変わっていなかったでしょう。

たいそうな思想は立派なのですが、行動で示してください。

 

あなたが仕事を続けなくちゃいけない理由を100個並べても構いませんが、行動だけは起こしてください。

あなたの悩みが解決できる行動です。

 

言うと「それが出来りゃ苦労しないよ」って返されるんですがね。

だったら逆に聞きたい。「いつになったら状況を改善出来るんだい?」と。

 

誰だって昔から言っている。

行動の重要性。

アクションすることの価値。

偉人がなぜ偉人と呼ばれるかは行動したからだ。

常人では出来ないような事を夢想し、実現のために動いたからだ。

 

あなたは常人かもしれないが、自分の人生をコントロールぐらいは出来るはずだ。

あなたが決められるはずなんだ。

言い訳なんていらない。

覚悟だけ持ってくれれば何も言わない。

 

さあ、行動を起こすんだ。

 

……と言っても、動く人は体感二割ぐらいですかね。

世の中八割の人は動かないんですよね。

それを『パレートの法則』と呼びます。

 

こればっかりはどうしょうもない。

私がいくら説明しても二割の人しか動かせないんです。

ようは聞き手の問題ってこと。

あなたが8割側の人間だったとしても2割を目指して動いてくれることを期待しています。

 

◆まとめ

世の中ネガティブな事だらけ、なんで?

それは悩みが尽きないから。悩みが解決したら次の悩みが沸き起こる。

人間の欲みたいなもの。

 

そこで、他人からみた解決法を想定するといい。

客観視して、その解決法を分析する。

「自分だったらこーするのに」って考えが出てくるよ。

でも色々言っても動かなくちゃ価値が無い。

とにかく動くこと。これに勝るものなし。

-コラム, , 幸せ, 自己啓発, 雑記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告エリア

Sponsored Link


SNS

follow us in feedly